縮緬遊戯堂 > 任天堂ソフト一覧 > 発売年別一覧(1983年〜1988年)

縮緬遊戯堂
任天堂ソフト一覧
★発売年別一覧
1983年〜1988年


1983年
本数…全10本
FC…10本

任天堂の代名詞ファミリーコンピュータが世に出た記念すべき年。
『ドンキーコング』、『マリオブラザーズ』等、アーケードからの移植の作品の他、
『麻雀』など、家庭用ならではのソフトもリリースされた。

発売日        タイトル        機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
7/15 ドンキーコング FC 3800 アクション (任)開発第二部/SRD
/インテリジェント
システムズ
                  
7/15 ドンキーコングJr. FC 3800 アクション (任)開発第二部/SRD  
7/15 ポパイ FC 3800 アクション (任)開発第一部  
8/27 五目ならべ 連珠 FC 3800 テーブル ???  
8/27 麻雀 FC 3800 テーブル (任)開発第二部/SRD  
9/9 マリオブラザーズ FC 3800 アクション (任)開発第一部
/インテリジェントシステムズ
 
11/22 ポパイの英語遊び FC 3800 アクション ???  
12/7 ベースボール FC 3800 スポーツ (任)開発第一部  
12/12 ドンキーコングJr.の算数遊び FC 3800 アクション (任)開発第二部/SRD  

戻る


1984年
本数…14本
FC…14本

ファミコンも初期と言うことでシンプルで小粒な作品が多かった。
その中でも超ヒットを記録したのはなんと『ゴルフ』。
なんと国内だけで400万本以上売れており、
PS1・2でヒットを飛ばしたのSCE『みんなのGOLF』シリーズも実はこの数字の足元にも及ばない。

筆者アルツの記憶では確か世界で一番売れたゴルフゲームだった気がするけど…どうだったかな?

発売日       タイトル        機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
1/14 テニス FC 3800 スポーツ インテリジェント
システムズ
 
2/2 ピンボール FC 3800 テーブル (任)開発第二部/
HAL研究所
 
2/18 ワイルドガンマン FC 3800 シューティング インテリジェント
システムズ
光線銃専用
4/21 ダックハント FC 3800 シューティング インテリジェント
システムズ
光線銃専用
5/1 ゴルフ FC 3800 スポーツ (任)開発第二部/
HAL研究所
 
6/12 ボーガンズアレイ FC 3800 シューティング インテリジェント
システムズ
光線銃専用
6/21 ファミリーベーシック FC 14800 実用 ハドソン/シャープ プログラミングツール   
7/4 ドンキーコング3 FC 3800 シューティング (任)開発第二部/SRD  
10/4 デビルワールド FC 4500 アクション (任)情報開発部  
11/2 F1レース FC 4500 レース HAL研究所  
11/2 4人打ち麻雀 FC 4500 テーブル ハドソン  
11/14 アーバンチャンピオン FC 4500 アクション (任)開発第一部  
11/22 クルクルランド FC 4500 アクション (任)開発第一部  
11/30 エキサイトバイク FC 5500 レース (任)情報開発部/SRD  

戻る


1985年
本数…全10本
FC…10本

ファミコンを代表すると言っても過言ではないソフト『スーパーマリオブラザーズ』が9月に登場。
小学生を中心にファミコンブームが起き、その熱狂ぶりは凄まじい物があった。

これを契機にファミコンブームは熱を帯び、各ソフトハウスから多数のゲームが発売されるに至る。

発売日 タイトル 機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
1/22 バルーンファイト FC 4500 アクション HAL研究所   
1/30 アイスクライマー FC 4500 アクション (任)情報開発部/SRD  
2/21 ファミリーベーシックV3 FC 9800 ツール ハドソン/シャープ ファミリーベーシック専用  
4/9 サッカー FC 4500 スポーツ インテリジェントシステムズ  
6/18 レッキングクルー FC 5500 アクション (任)開発第一部
/インテリジェントシステムズ
 
6/21 スパルタンX FC 4900 アクション (任)情報開発部/SRD  
7/26 ブロックセット FC 4800 その他 ??? ロボット専用
8/13 ジャイロセット FC 5800 その他 ??? ロボット専用
9/13 スーパーマリオブラザーズ FC 4900 アクション (任)情報開発部/SRD  
11/21 マッハライダー FC 4900 シューティング (任)開発第二部/
HAL研究所
 

戻る

1986年
本数…全7本
FCD…7本

ファミコン拡張用の周辺機器ディスクシステムが発売、
全国のゲーム売り場には書き換え機が設置され、安価でソフトを入手できるようになった。
以降、任天堂はディスクシステムでの展開をメインに据える(結果的には500万台程度は普及)。
「大容量」・「途中経過のセーブ」、「BGMのクオリティアップ」を実現した半面、
「長いロード時間」、「駆動部のベルト破損など任天堂製品らしからぬ脆さ」もあったハードではあった。
現在も任天堂の看板タイトルである『ゼルダの伝説』、『メトロイド』が生まれたのもディスクシステムでこの年。

任天堂からのソフトは全てディスクシステムでのリリースとなった。

ただし、サードパーティは慎重な姿勢を見せるところも多かった。
エニックスは日本でウケることを目指したRPG『ドラゴンクエスト』を、
コナミ『がんばれゴエモン』、『グラディウス』発売。
ファミコンフィーバーにますます熱がこもっていく…。

発売日 タイトル 機種 価格  ジャンル  開発部署
メーカー
備考
2/21 ゼルダの伝説 FCD 2600 アクションRPG (任)情報開発部/SRD ディスク両面使用     
4/14 謎の村雨城 FCD 2600 アクションRPG (任)情報開発部/SRD ディスク両面使用
6/3 スーパーマリオブラザーズ2 FCD 2500 アクション (任)情報開発部/SRD ディスク片面使用
7/21 バレーボール FCD 2500 スポーツ HAL研究所 ディスク片面使用
8/6 メトロイド FCD 2600 アクション (任)開発第一部/
インテリジェントシステムズ
ディスク両面使用
10/21 プロレス FCD 2500 スポーツ ヒューマン ディスク片面使用
12/19 パルテナの鏡 FCD 2600 アクション (任)開発第一部 ディスク両面使用

戻る


1987年
本数…全110本
FC…2本
FCD…8本

この年も任天堂はディスクシステム向けタイトルが大半を占める。
ただ、いま一つ盛り上がりに欠ける面は否めず。
『スーパーマリオ』、『ゼルダの伝説』、『メトロイド』や
エニックス『ドラゴンクエスト』のスクウェア『ファイナルファンタジー』などの
ロングヒットで食いつないだ、という印象が強い。

発売日 タイトル 機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
1/14 リンクの冒険 FCD 2600 アクションRPG (任)情報開発部
/SRD
ディスク両面使用  
2/21 ゴルフJAPANコース FCD 3500 スポーツ (任)開発第二部/
HAL研究所
青ディスク両面使用
5/30 スマッシュピンポン FCD 2500 スポーツ コナミ ディスク片面使用
6/14 ゴルフUSコース FCD 3500 スポーツ (任)開発第二部/
HAL研究所
青ディスク両面使用
9/4 新・鬼ヶ島 前編 FCD 2600 アドベンチャー (任)情報開発部 ディスク両面使用
9/30 新・鬼ヶ島 後編 FCD 2600 アドベンチャー (任)情報開発部 ディスク両面使用
10/30 ファミコングランプリF-1レース FCD 3500 レース (任)情報開発部
/HAL研究所
青ディスク両面
11/21 マイクタイソン・パンチアウト!! FC 5500 スポーツ (任)開発第三部  
12/1 中山美穂のトキメキハイスクール FCD 3500 アドベンチャー (任)開発第一部
/スクウェア
青ディスク両面
12/15 銀河の三人 FC 5000 RPG エニックス  

戻る

1988年
本数…全9本
FC…2本
FCD…7本

「大容量」、「安価」がウリのディスクシステムだったが、
次第に大容量カートリッジの台頭で「大容量」という最大の武器が削がれてしまった。
以降、任天堂としては「カセット」、「ディスク」での両面での展開が検討されていくことになる。

主力ソフト『スーパーマリオブラザーズ3』はディスクではなく、
3Mビットの大容量のカセットを採用。以降、容量での優位性を失ったディスクシステムは徐々にその役割を終えていく。
この後、バッテリーバックアップの登場でデータのセーブが可能となり、
容量に限度がありデリケートなディスクは敬遠され、大半のメーカはカセット製へ回帰する。

エニックス『ドラゴンクエストIII』が社会現象になったのもこの年。


発売日 タイトル 機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
1/21 アイスホッケー FCD 2500 スポーツ (任)情報開発部
・開発第二部
ディスク片面使用
4/14 ファミコングランプリ2
3Dホットラリー
FCD 3500 レース (任)情報開発部
/HAL研究所
青ディスク両面使用
4/27 ファミコン探偵倶楽部
消えた後継者 前編
FCD 2600 アドベンチャー (任)開発第一部 ディスク両面使用
6/14 ファミコン探偵倶楽部
消えた後継者 後編
FCD 2600 アドベンチャー (任)開発第一部 ディスク両面使用
8/12 ファミコンウォーズ FC 5500 シミュレーション (任)開発第一部/
インテリジェント
システムズ
 
10/23 スーパーマリオブラザーズ3 FC 6500 アクション (任)情報開発部
/SRD
 
11/18 アイスクライマー
(ディスク版)
FCD 500 アクション (任)情報開発部
/SRD
ディスク片面使用
11/30 帰ってきたマリオブラザーズ FCD 400 アクション (任)情報開発部/
インテリジェント
システムズ
ディスク両面・書き換え専用
12/9 VSエキサイトバイク FCD 2600 レース (任)開発第一部 ディスク両面使用


戻る

縮緬遊戯堂 > 任天堂ソフト一覧 > 発売年別一覧(1983年〜1988年)