縮緬遊戯堂 > マリオカート攻略 > スーパーマリオカート > グランプリ攻略:キノコカップ
縮緬遊戯堂
マリオカート こ こ こ こ こ こ こ
<スーパーマリオカート>
《グランプリ攻略:キノコカップ》


 基本的には150cc向けの内容です。
 極限のスピードを求めるよりも、安全運転に徹することが勝利への近道。COM内の序列を崩してドライバーズポイントを分散させればより勝利に近づくことも容易くなるでしょう!

・マリオサーキット1 難易度…☆☆☆☆
 最初のコース。8位からのスタートとなるため、ロケットスタートは成功させやすい。シグナルが一回鳴ったらアクセルオン、だ。ロケットスタートを成功させ、スタート直後から1位に立ちたい。アスファルトで舗装されているため滑りにくいが、各コーナーは必ずドリフトで通過する事。下位でキノコを入手したら、ダート区間を大胆にショートカットしよう。1〜2秒は挽回することができる。トップでキノコを持っている場合はミスに備えて取っておくのも手だ。150ccでの目標タイムは1分ジャストくらい。
 敵に攻撃を加えるならば、ゴールラインのど真ん中にバナナを。高確率で引っかかってくれる。



・ドーナツ平野1 難易度…☆☆☆☆
 マリオサーキットよりも路面のグリップがやや悪く、粗末な走りをするとスリップしてタイムロスになる。道幅は広いが、コーナーでアウトに膨らむようではCOMに差を付けることはできない。丁寧にインを突いてドリフトで走行したい。道幅が広いので適当に走ってるとアウトに膨らみ、COMに付け込まれる原因となる。
 ショートカットポイントは最初のコーナーを曲がった橋を越えた地点にある、敷居の切れめ部分。キノコを所持している場合はここで使って直線的にショートカットしよう。
 バナナポイントは橋の出口付近。左側からキャラ2体分くらい右にずれた所が引っかかりやすいポイント。



・おばけ沼1 難易度…☆☆
 穴になっている部分が多く、ちょっとの操作ミスが大きなタイムロスに繋がる。コーナーは直角コーナーで構成されていることが多い。ありがちなミスはインを突き過ぎて壁に接触、壁が崩れて穴にダイブ、と言ったケース。グランプリはタイムアタックと違い、極限の速さを追求する必要はない。少し余裕を持って走るくらいの方がミスが減って気分もラクに。壁のタイルは1度ぶつかると消え、壁が無い状態になる。ゴツゴツぶつかっていると後の周回ほどキツくなる(まぁ150ccではそもそも壁にゴツゴツやってると入賞できませんがね)。
 ショートカットポイントはジャンプバンの後ろの左後方の道の切れ目。羽かキノコを持っている時は実行のチャンス。羽は近づいて穴の直前で使えば間違いないが、キノコの場合は少々コツが要る。ショートカット用通路と平行に走り、左側の壁が切れたあたりでキノコを発動すると丁度いい塩梅で中ジャンプができるはず。ジャンプ着地後の操作が難しく、慣れないうちは着地して勢いを殺せずそのまま落下というケースも多いはず。キノコはムリにショートカットに使わず、無難に大ジャンプで右側ルートを進むか、最後のストレートで使った方がいいかも。
 COMの序列を崩すのにうってつけなのがジャンプバンがある地点の真ん中にバナナか甲羅を投入。ここでスピンしたCOMはスピンの後、なぜか穴に落下するので、普通に攻撃するよりもはるかに大きいダメージを与えることができる。ここでライバルキャラを叩き落としCOMの序列を変動させておくと、後々失敗した場合でも逆転が容易になる。



・クッパ城1 難易度…☆☆☆
 すべてのコーナーが単独・もしくは複数の直角コーナーで作られている。コースの周りは溶岩で覆われ、落下すると大幅なタイムロスになるが、石の壁で囲まれているため落ちる心配はそれほどない(ジャンプで越える際に斜めに飛んだりすると危ないけど)。コーナーはもちろん速度を維持したままドリフトで通過したいが、インを突き過ぎてドッスンや壁に衝突してしまっては元も子もない。インギリギリを突くよりも安全に通過し、速度を維持することを第一に考えよう。コース途中の広くなってる地点はダッシュプレートが2つ並んだイン側を通るのがオススメ。
 バナナポイントは溶岩の連続ジャンプの1回目の3連続のうちの2つ目のど真ん中、スタートラインの中央がよい。



・マリオサーキット2 難易度…☆☆☆
 COMが速めに設定されているので少しでもスキを見せるとすぐに間合いを狭めてくる。左右への切り返しも多く息が抜けないが、緊張を切らさず走りぬけよう。コース上にはオイルがまかれている場所があり、高速で乗り上げるとスピンする。かわしきれないと思ったらジャンプか減速で切り抜けよう。
 このコースは全コースの中で唯一の立体交差ポイントがある。ここはショートカットにも敵の妨害にも大いに利用できるポイント。キノコを持ってる場合はスピードがジャンプバンの地点でMAXになるようにタイミングを調整して大ジャンプ。最終コーナーを無視して一気に進むことができる。
 バナナか緑甲羅を持ってる場合は敵を妨害できる大チャンス。5つ横に並んだダッシュプレートの内、左から2つ目と3つ目の間よりもほんの少し右側にバナナをセット(50/100ccなら丁度境目付近、150ccなら1キャラ分くらい気持ち右側)。引っかかった敵は大ジャンプに失敗して下に落ちるため、再び同じ道を走りなおす羽目になり、大幅にタイムロスする。COMの序列を崩すと言う点ではこのサーキットが一番面白い。狙って普段入賞しないメンツを上に入賞させるなどを楽しむのも一興。


縮緬遊戯堂 > マリオカート攻略 > スーパーマリオカート > グランプリ攻略:キノコカップ