縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 攻略



★4章 空に舞う

★マップ



★入手アイテム
 ・守りの剣 → シルヴィアが村Gを訪問すると入手。
 ・フォルセティ → レヴィンがシレジア城に入ると入手。※受け取りを忘れると後に入手する機会が無い。全編通して実質的に最強の性能を持つチート武器。絶対忘れずに訪問しておこう!!


(1)トーヴェ城制圧まで

★攻略
 出撃前にキュアン・エスリン・フィンのレンスター勢が3名離脱する。3章終了前に持ち物を整理しておき、余った槍はフュリーらに持たせるなどしておこう。

 まずはトーヴェ城方面へ進軍することになる。道中の村は山賊に襲われているので、騎馬兵で倒しつつ城の方向へ進んで行く。ただ、4章の村では特に良いアイテムとかをもらえる箇所も少ない。シルヴィアで守りの剣が入手できる村G以外はそれほど優先しなくても良いかも。

 敵はクブリ司祭の率いるウインドマージとディートバのペガサスナイト隊が中心。騎馬兵で駆けていくとまずぶつかるのはクブリの魔道士部隊。シグルド軍には魔法に耐性のある騎馬兵が少ないので、ウインドマージは意外と手強い相手。恐らく、かなり鍛えたユニット(レベルMAX付近に育てたシグルドだとかレックスとか)でも、『手槍・手斧を持たせて特攻、地雷作戦!!』なんてことをするとじわじわとHPを削られて返り討ちに遭うので、素直に地形効果の高い森に陣取り、少しずつ、確実に敵の数を減らしていった方が無難。ただし、フュリーの魔防が20程度あるならば、手槍か魔法剣を持たせて強引に単騎で突入させ、一気に倒してしまっても良い。クブリは魔防の低いユニット(16未満)にはスリープを使ってくるので、ある程度ウインドマージを減らしたらシルヴィアの踊るなどを駆使して早く倒してしまった方が被害は少なくなる。

 次いでぶつかるディートバの天馬騎士団は攻撃力は大したことが無いのだが、意外と素早く、こちらの攻撃を回避してくるのが鬱陶しい。また、重い槍や炎の魔法を装備している場合、追撃がかからないケースも頻発するので、攻撃を加える際は自分と相手の素早さの値をよく調べておこう。ディートバは部下が減ると一度城まで逃げて部下を補充してくる。武器の殺傷数を稼ぐ場合はわざと逃がすのも手だが、早く倒してしまいたい場合は逃げられる前にキラーボウなど命中率の高い武器で一気に仕留めよう。

 トーヴェ城に陣取るボスのマイオスは威力の高いトルネードを装備するが、本人の魔力が大したこと無いせいでただの見かけ倒し。攻撃も単発なので特に注意する点も無し。サックリ倒しておしまい。この後はシレジア城方面に進むことになるので、制圧前にユニットをセイレーン城に戻しておこう。ただし、マーニャ隊を破ったパメラ隊が山を越えてトーヴェ城に向かってくるので何名かトーヴェ城にもユニットを残しておきたい。山を越えられないアーダンは城の守備につかせ、フュリーも残しておくと良い。アーダンとフュリーが育っているならば2人だけでもパメラ隊は撃破可能だが、不安があるようならば弓兵・杖使いも各1名くらいずつ置いておけばまず確実。

 トーヴェ城を制圧すると、ザクソン城からパメラ隊が、シレジアからそれを迎撃するためマーニャ隊が出撃する。数ターン後に両軍は激突。山を越えられるフュリーを派遣して手助けしたいところだが、敵がシレジア城を落とすまではシレジア南部には入ることすらできないので、助勢は不可能。両軍が交戦に入ってボコスカ殴り合ってるところで、ザクソン軍の援軍としてグランベル王国からユングヴィ家のアンドレイ率いる弓騎士団バイゲリッターが登場、弓の攻撃に弱いマーニャ隊はあっけなく全滅してしまう。

 なんとも後味の悪いイベントだが、回避はできない。ここはぐっと堪えて次の戦いを待とう。


★会話イベント
 ・シグルド → クロード … 会話のみ。巻き添えにしてしまったことを詫びるシグルドと、運命に逆らわず身を委ねるをよしとするクロード。
 ・エーディン → アゼル …両者が恋人の場合発生。エーディンがレスキューの杖を入手。
 ・エーディン → ミデェール or ジャムカ … 両者が恋人の場合発生。夫が勇者の弓を入手。
 ・ティルテュ → アゼル … 両者が独身時のみ。好感度が上がる。みんなが自分と距離を置いていることに心を痛めるティルテュとそれを慰めるアゼル。
 ・シルヴィア、フュリーが隣接 …両者とレヴィンが独身時のみ発生。女の戦い(笑)。挑発するシルヴィアとなんとか切り返すフュリー。

★その他イベント
 シルヴィアで村Gを訪問 … 守りの剣を入手。※たまにバグってそのままフリーズしてしまうことがある(会話のあと踊り始めると、踊りの音楽が鳴り始め、いつまで経っても踊りが終わらない…)。長時間セーブしていない時に発生してしまうと泣きたくなること間違いなし。訪問前にセーブをお忘れなく。


(2)シレジア城制圧まで

★攻略
 シレジア城が敵に落とされるとラーナ王妃が市民を逃がすイベントが発生する。市民は北の方角に逃げてくる。助けると経験値を100ももらえるので、レベルアップの助けにしよう。ただ、戦闘を挟まない分、吟味してレベルを上げるには向かない。経験値は稼ぎたくないけど見殺しにするのも忍びない…と言う場合は既にレベルが上がりきったユニットで助けると良い。市民は移動力が5あるため、追ってくるアクスファイターには簡単には追いつかれないものの、山間地に陣取るウインドマージの遠距離魔法に攻撃されると危ない。敵を倒す場合はウインドマージを先に倒してしまうと市民を守りやすい。

 シレジア城に陣取るジェネラルのドノバンは大して強くない。一撃でやられないユニットをぶつけていけば簡単に倒せる。城を制圧後はレヴィンを入城させ、風魔法フォルセティ入手を忘れないこと。


★会話イベント
 ・シルヴィア → クロード … 両者が独身時のみ発生。両者の好感度が上がる。シルヴィアに気品があると語るクロードと感激するシルヴィア。


(3)ザクソン城制圧まで

★攻略
 シグルド軍がシレジア城を取り戻すと、シグルド軍を侮っていたダッカーが焦ってレイミア隊に進軍を促す。レイミア隊はシグルド編きっての強敵部隊。レイミア自身が追撃・連続のスキルを持ち能力が高い上に、周りを囲む配下の傭兵も魔法攻撃・弓(しかもキラーボウ)・状態異常攻撃・勇者の剣持ちなどなど、危ない敵揃い。一度に相手にするにはあまりに危険な相手なので、待ち伏せて敵ターンでダメージを与え少しずつ反撃で数を減らしていくのが安全。幸い、レイミア隊は全員が歩兵で移動力に欠けるため、先を歩いてくるユニットがギリギリシグルド軍に届くラインを維持して後退していけば多数の敵とぶつかることはない。レイミアは部下が少なくなると一度逃げるが、逃走モードに入ったらすぐに追いかけ(切り替わると一切攻撃してこない)、追撃を受けないアイラやフォルセティ装備のレヴィンで一気に倒してしまった方が良い。一応、3章の海賊隊と同様に無限に稼げるポイントではあるのだが、海賊よりも格段に強い上にカネを1000Gしか持っていないので非常に効率が悪い。

 ボスのダッカーはマイオスの強化版と言ったところ。遠距離魔法がうるさい場合はサイレスで黙らせても良いが、そこまでしなくても充分倒せる相手。さっさと倒して5章に進もう。


★会話イベント
 ・フュリー → レヴィン … レヴィンの告白。一発でカップル成立。カップル成立を望まない場合は発生させないように。

★その他イベント
 ・レヴィンがシレジア城に入る … ラーナ王妃から風魔法フォルセティを受け取る。


戻る

ファイアーエムブレム攻略トップへ

縮緬ゲヱム館トップへ

縮緬遊戯堂トップページへ