縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 攻略



★序章 聖騎士誕生

★マップ

 地形に関して一点、二点ほど。
 道は他のFE作品とは異なり、本来のユニットの移動力よりも多め(およそ1.3倍くらい)に移動できる地形。この地形に沿って動けば迅速に移動できるが、回避率が10%下がるため、近くに敵がいるときはできるだけ森や平地など、他の地形に待機した方が安全。教会は回避率が高まる上、毎ターンHPが全快する地形(ただし、回復にはHP1あたり5G必要)。村は訪れることで資金を得ることができる。ただし、山賊や海賊など敵が破壊に向かうことが多いため、急いで訪問する必要がある。敵が手出ししてない状態では満額の5000Gもらえるが、1ターン経つごとに500Gずつ減っていき、10ターン後には村が壊滅してしまう。そうなると本来もらえるはずのアイテム・起こるはずのイベントも無くなってしまうので、なるべく早く村に陣取る敵を倒すようにしよう。

★加入ユニット
 ・シグルド ロードナイト LV5 → 開始時から。
  一言説明:「聖戦の系譜」前半の主人公。グランベル王国シアルフィ侯爵家の跡取り。やや馬面。正義感が強く民からの人気も高いが、隣接するユングヴィ家が襲われ公女エーディンが拉致されると聞くと一人で助けに行こうとする突撃バカのせいか指揮レベルが低い。しかも、指揮レベル☆2つのうちの1つすら『付き人のオイフェ』効果のおそれもある。
 ・ノイッシュ ソシアルナイト LV3 → 開始時から。
  一言説明:シアルフィ家に仕える騎士。シリーズ伝統の「赤緑の赤」。端正な顔立ちの騎士らしい騎士だが、セリフが異常に少ない。単発攻撃が多く時折忘れた頃に必殺攻撃を繰り出す間の悪さが後にGC「蒼炎の奇跡」Wii「暁の女神」でスキル『一発屋』で再現された(ホントか!?)。
 ・アレク ソシアルナイト LV2 → 開始時から。
  一言説明:シアルフィ家に仕える騎士。シリーズ伝統の「赤緑の緑」。ナンパな性格&言動。見慣れてしまえばなんてことは無いが、頭に怪しげな布きれを装備しているのが謎。(非力な)二回攻撃を得意とする。必殺・特効被弾を防ぐスキル「見切り」は強力なスキルだがシグルド編では悲しいことに殆ど無意味。
 ・アーダン ソードアーマー LV3 → 開始時から。
  一言説明:シアルフィ家お抱えの重騎士。アレクのセリフ「固い強い遅い」でお馴染み。美形揃いのシグルド軍で異彩を放つイカツイ男。明らかに開発陣から意図的な冷遇を受けている。ただし隠しイベントが豊富に用意されているなど、愛されている一面もある。
 ・アゼル マージ LV1 → 2ターン目、村B付近に登場し、シグルド軍に加入。
  一言説明:ヴェルトマー家の当主アルヴィス卿の異母弟。アルヴィスはシグルドとの会話で「アゼルはただ一人の家族」と言っているが、他の異母兄弟は追放しただけであって死別したわけではない。優秀過ぎる兄にコンプレックスを抱いている。しかし自信を持て!キミは兄貴には無い『追撃』を持っている!!
 ・レックス アクスナイト LV4 → 2ターン目、村B付近に登場し、シグルド軍に加入。
  一言説明:シアルフィの当主バイロン卿を敵視するドズル家ランゴバルト卿の二男。シグルドに対しては素直になれないが、強欲な父親のことはあまり快く思っていない模様。趣味はアゼルいぢり。シグルド編では最高級の守備能力の持ち主。敵の攻撃はかわさずすべて受け止める!!・・・なのがオトコらしいわぁ。ゆえに魔法使い相手はさけたい。
 ・キュアン デュークナイト LV4 → 3ターン目、シアルフィ城付近に登場し、シグルド軍に加入。
  一言説明:レンスター王国のカルフ王の息子。かつての学友で現在は義理の兄でもあるシグルドの加勢をすべくはるばるレンスターからやって来た。やたらと威力の高い一撃がいかにも痛そうであります。妻のエスリンとはいつもラブラブ。地槍ゲイボルグの使い手だが、妻エスリンが隠し持ってるので暫く使えない。
 ・エスリン トルバドール LV1 → 3ターン目、シアルフィ城付近に登場し、シグルド軍に加入。
  一言説明:シアルフィ家からレンスターのキュアン王子に嫁いだ、シグルドの妹。当面は唯一の回復役。移動力もあるため重宝するのだが、残念ながら魔力が伸びず。癒し手としての才能はない模様。一方で回避率が非常に高く力もそこそこ伸びるため、クラスチェンジ後は攻撃ユニットとしても意外と頼りに・・・なる!?
 ・フィン ランスナイト LV1 → 3ターン目、シアルフィ城付近に登場し、シグルド軍に加入。
  一言説明:レンスター王国の従騎士。レンスターでも有数の名門の家柄の出だが、両親が早くに他界したため王家に引き取られて育てられる。シグルド編・セリス編通じて戦闘ユニットで登場する唯一のユニット。女に興味がない(誰ともカップルになり辛い)ストイックな男。主君キュアンを愛している。主君キュアンから愛されている。
 ・ミデェール アーチナイト LV2 → ユングヴィ城制圧時に加入。
  一言説明:ユングヴィ家の留守を守る弓騎士。ヴェルダンのガンドルフ王子の手斧の一撃で倒されたと思いきや、ユングヴィを取り戻すとヒョッコリと体力全快で仲間になる不可解な男。名前の小さい「ェ」はどう発音するのか、ゲーム発売から15年経過した現在でも未だに不明。ナヨナヨしてるように見えるが声は魅惑の低音。


★入手アイテム
 ・銀の剣 → シグルドがアルヴィスとの会話時に入手。
 ・スピードリング → 村Eに訪問すると仲間になる。


(1)ユングヴィ城制圧まで

★攻略
 基本方針で示した通り、本遊戯堂の攻略はこのゲーム本来のシビアなバランスを楽しむものではなく、あくまで安全にクリアすると言った物。それゆえ、まだユニットが全然育ってない開始直後が一番危ない。エスリンやアゼルは2回攻撃を食らっただけで死亡してしまうので慎重に動かすようにしよう。

 開始後、シグルド・ノイッシュ・アレクの3名は左の方向へ。手近な敵を攻撃しつつ、村に陣取る山賊を倒していく。レベルの低いアレクやノイッシュを使っていっても良いが、本遊戯堂の攻略では、どうせこの後のデマジオ・ゲラルド戦で死ぬほどボスチクで経験値を稼ぐので、シグルド一人を先行させ、討ちこぼしのみをアレク・ノイッシュで倒していった方が楽ではある。この時点ではまだ回復手段が無いので、こちらの方がおすすめ。HPが危なくなったら教会に待機しよう。
 村に陣取る敵を排除したらすぐ訪れたくなるが、ここはまず無視。最初に陣取っている敵さえ倒してしまえば後は村が破壊されることはない。この章の最終ボスであるゲラルドでの経験値稼ぎでライブの修理費が足りなくなるエスリンのために取っておきたいところ。

 2ターン目、村Bの右側にアゼルとレックスが登場。2人とも回避率が大幅に下がる重い武器を装備しているため、敵の攻撃をあまり回避してくれない。守備の高いレックスはまだいいが、2回攻撃を受けると死亡するアゼルは攻撃を受けない運用が必要。まずはレックスを先行させて敵のHPを削り、トドメのみアゼルが参加する格好で戦わせよう。

 3ターン目、シアルフィ城付近にキュアン、エスリン、フィンの3名が登場。この段階では斧の敵が多いため、槍しか装備できないキュアンとフィンは攻撃を受けやすい。キュアンは敵の攻撃を受け止める余裕があるだろうが、まだレベルの低いフィンは一度に3回以上の攻撃には耐えられない。エスリンは剣装備で回避率が高いが、元が戦闘向けのクラスでない&HP回復手段が少ないので、なるべく攻撃を受けないように。キュアンを前線に出して、敵のターンで敵から攻撃を仕掛けさせてHPを削って行こう。キュアン一行が到着後、戦力に余裕ができるので城の守備にあたっていたアーダンも出撃してユングヴィ城に向かおう。

 ボスのデマジオはLV10のアクスファイター。間接攻撃の手段を持っていないため、アゼルが城の横側からファイアーを連発するだけで無傷で倒せる。ただ、この後少し楽に進めるために、生かさず殺さずでダメージをチクチク与え続け、LV5〜6程度まで鍛えておくと良い(もっと上げても良いのだが、デマジオ自身のレベルが低いため、あんまり経験値の入りがよろしくない。レベルがもう10も高いゲラルドで鍛えた方が圧倒的に効率が良い)。特に、ユングヴィ城制圧後、川沿いの橋付近で敵を受け止めるレックスとアーダンを鍛えておくと安全になる。レベルアップ時に納得のいくパラメータの上がり具合でなかったときはリセットして直前からやり直そう。ただし、乱数の関係上か、リセット前と同じ行動順で動かすと、また同じ上がり方しかしない。ユニットを動かす順序を変えることでパターンを変えることができるので、色々試して沢山パラメータが上がるまで粘ってみたい。

 納得がいくまでユニットを強化できたらサクッとデマジオを倒してしまおう。シグルドで制圧する前に、次の戦いで壁として活躍してもらうレックスとアーダンをエバンス城前の落とされた橋の前に待機させてから制圧すると次の戦いがスムーズに進められる。


★会話イベント
 ・アゼル→シグルド …会話のみ。アニキが怖いお年頃。
 ・レックス→シグルド …会話のみ。ちょっと素直になれないレックス。
 ・キュアン→シグルド …会話のみ。親友のためならエンヤコラ。
 ・エスリン→シグルド …会話のみ。変わらない妹を懐かしむシグルド。


(2)エバンス城制圧まで

★攻略
 ユングヴィ城を制圧すると、敵ターンで再び川に橋がかかり、ゲラルドの部下達が攻め込んでくる。あらかじめアーダンなど守備の高いユニットを橋がかかる地点に待機させておけば攻め込まれることなく迎えうつことができる。
 また、中立ユニットのアルヴィスが北から登場。シグルドに向かって歩いてくるので、エバンス城に向かう間に接触して銀の剣をゲットしておこう。

 ボスのゲラルドはLV20のアクスファイター。デマジオと違い間接攻撃可能な手斧を装備しているので、弓や魔法でもしっかり反撃を受ける。騎馬ユニットなら攻撃を仕掛けた後に再移動で逃げられるが、アゼルなど歩兵ユニットはそうもいかない。攻撃を受けたらしっかり回復できるかを確認してから攻撃を仕掛ける事。または、ゲラルドの攻撃範囲に待機させておき、敵から仕掛けさせれば安心。

 なお、このゲラルドはレベルの割にステータスが低くて弱い(LV20なのに下級職だし)。攻撃を仕掛ける→回復を待つ・・・の繰り返しだけでがっぽり経験値を稼ぐことが可能だ。途中で武器・杖が壊れるであろうから、どのユニットを優先的に育てるか決めておき、武器が壊れたら村を訪れて武器の修理を工面しよう。遊戯堂オススメはエスリンとレックスあたり。レックスを1章開始直後にグレートナイトにクラスチェンジさせられれば動く壁として、エスリンを育ててればかわす壁として攻守に役立つ。その他のユニットもみっちり稼がせ、LV10程度にしておこう。


★会話イベント
 ・アルヴィス←→シグルド …アルヴィスがアズムール王から預かった銀の剣をシグルドに渡しに来る。ああ、なんて名誉なことだ!!


戻る

ファイアーエムブレム攻略トップへ

縮緬ゲヱム館トップへ

縮緬遊戯堂トップページへ