縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 覚醒 > カップリング考察 覚醒ッ!! > スミア

縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム覚醒 攻略
《カップリング考察〜覚醒ッ!!〜》
〜スミア〜

母親:スミア
クラス:ペガサスナイト → ファルコンナイト/ダークペガサス
職適性:ペガサスナイト系、アーマーナイト系、僧侶系
  成長
傾向
限界
補正
HP D -
D -2
魔力 D 0
A +2
速さ A +3
幸運 A 0
守備 D -2
魔防 C +1
 天然ボケ全開の天馬騎士の見習い。“フワフワ不思議ちゃん”パワーのおかげで動物の気持ちがわかり、やたらと生き物に好かれる。『何も無い所ですぐ転ぶ』なる設定があるが、幸い戦闘中に転んで隙丸出しになったり、スキル『転倒』(ランダムで転んで1ターン行動できず)とかあったりしないのでホッ…。

 ユニットとしては暗黒竜・紋章シーダ、トラキア776カリン、封印のシャニー、聖魔ヴァネッサらに連なる、割と古典的なペガサスナイトであり、真ん中(=技・速さ・幸運)ばっかり上がる、やたらと素早いが非力で頼りないタイプ。

 数少ない飛行系ユニットなので地形に関係なくサーッと移動して華麗に攻撃を見舞うのが得意だが、耐久力も無いので適当に前線に放り込んで…なんてやると速攻であの世逝き。弓には滅法弱く、回避できなければ一撃で沈む紙装甲。育てるには優先的に弱った獲物を用意してあげる必要があり、使いこなすのはやや面倒くさい手のユニットである。ただ本作はダブルやスキル『〜〜の叫び』など、パラメータを強化する手段が多いので、弱点の力と守備さえ巧くカバーできれば使い勝手は一気に向上する。威力をカバーした上で手数の多さを活かしたい。自身の弱い部分を補強できる戦士・蛮族・アーマーナイト系と同行させると良い。

 ストーリー上では実質ヒロイン的な位置づけでムービーなどの演出にも登場するなど他の女性ユニットよりも優遇されている感はあるが、開発途中までクロムと固定カップルだった影響なのかスミアだけ目立って男性の支援相手が少なく、一部ユーザさんからは「選り好みの激しい女」扱いされているのはやや気の毒だったりする(苦笑)。


娘:シンシア
クラス:ペガサスナイト → ファルコンナイト/ダークペガサス
職適性:ペガサスナイト系、アーマーナイト系、僧侶系
  成長
傾向
HP B
C
魔力 D
C
速さ B
幸運 A
守備 C
魔防 C
 やたらとヒーロー(女性ならヒロインだろ…と思いきやヒーローの響きが好きだかららしい…)にこだわる夢見がちなペガサスナイト。妙にアクティブでテンションの高い性格だが、どっかズレてるのは母親スミアを思わせる。方向性は異なるが、こちらも間違いなく不思議ちゃんである。誰と会話しても大概ボケ側に回って相手を呆れさせてしまうのはこの人ならではの味か(管理人もボケ属性が強く同様の傾向があるので、このキャラには妙にシンパシーを覚えてしまう…)。

 初期クラスは母親と同じペガサスナイト。基本的には母親と同等の能力を持つが、力・守備が低くて頼りない感じの母スミアよりは耐久力に優れたユニットになり易い。また、自身の素質だけである程度攻撃的なスキルが揃うのも強みの一つ。

 補強ポイントとしては、母スミアからの遺伝で低めの力と守備を補えると使い勝手が良くなる。ただ、マイナス幅が-2と大きいため、ここを埋めようとすると結果的に他のパラメータが下がり易く、やや効率が悪い。割り切って魔力重視にした方が強いかもしれない。

 ある程度育てた後ならば、初期のイメージで戦わせたいならダークペガサス、特にこだわりがない場合は賢者辺りで運用していくと強い。魔法を使うのに便利なスキルを覚えさせると、一層強みを活かしやすい。ただし、殆どの父親候補も傾向的には『力>魔力』なので、結局のところは上限値の傾向に反して魔力より力がぐんぐん育ってしまう事が多い。その場合は柔軟に物理攻撃職への切り替えも考えよう。魔力も上がる二刀流の職で地道に育て、伸びてくれるのを待つのも手だ。



戻る



【別格ダントツ1着】マイユニット(男)
クラス適性追加:汎用職全て(男性専用職除く)
上限値補正:可変(プレイヤーの初期の選択で変わる)
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆☆
総合評価
 戦士系・蛮族系以外の全ての汎用職に就ける強みはやはり大きい。子供は娘なので男性汎用職には就けないが、何か一つに限り継承させる事もできる。また、魔力を得意に設定したマイユニットとカップリングする事で更に魔力を高め、魔法系クラスでの使い勝手を上げる事が可能。

 ただ、シンシアは元から『疾風迅雷』や『月光』など有用なスキルを自力で習得可能なので、わざわざ貴重な職に就ける素質を持つマイユニットとスミアをくっつけるのは少々勿体ない印象が強い。

 他カップルとの兼ね合いになるが、『疾風迅雷』持ちユニットを一人分損してしまう事に変わりはなく、その辺の効率を考えれば、あえてマイユニット×スミアを狙う必要性はあんまり感じられないかも!?



〜マイユニット除くランキング部門〜

【オススメ母親1着】ヘンリー
クラス適性: ペガサスナイト系、アーマーナイト系、僧侶系
ダークマージ系トルバドール系盗賊系+3種
上限値補正:
 




父親 +1 +1 +2 0 -2 +1 -1 +2
娘:シンシア 0 +2 +5 +4 -1 0 +1 +11
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価
 母親からの『疾風迅雷』・『月光』・『〜〜の達人』2種(槍・魔)に加え、父親ヘンリーからの素質により新たに『復讐』・『生命吸収』・『呪い』系を習得可能になる。スキルの完成度が非常に高く、攻撃役、特に魔法を用いるクラスでの強さが際立つ。また、魔力のみならず力もカバーされるので、物理攻撃系クラスでもしっかり使える強さを持つ。魔法への高い適性と初期のイメージを両立させるならダークペガサスでの運用がオススメ。初期職に思い入れが無い場合は特殊効果を持つ闇魔法を使用可能なソーサラーや高い魔力を活かせる賢者なども強い。ただ、ヘンリー自身の魔力の補正値はそれほどでもないので、魔法職にずっと留まっていないと魔力の伸びが鈍る恐れはある。力の方が伸びてしまった場合はすっぱり切り替えて物理攻撃系のクラスで使っていくのも悪くない。

 他の利点としてはマイユニットを除く父親候補の中で職カブリが唯一ゼロであるため、クラスの選択肢も多いのが大きな利点。職種も割と傾向が散らばっているので、上級職に関してもバトルシスター(シスター・トルバドールから)以外はカブリが無いのも優秀な点と言える。

 上限値では力・魔力にマイナスの影響を及ばさず、魔法寄りのスミアの適性をそのまま伸ばす感じの補正になる。唯一、幸運だけはマイナス補正になってしまうが、傭兵の『節約』など幸運発動の有用なスキルを持っていないのでそれほど痛い欠点でもない(『祈り』とか幸運が多少高いところで戦略に組み込める程の発動率にならず、別にアテになりませんのでね…)。

【オススメ母親2着】クロム
クラス適性: ペガサスナイト系、アーマーナイト系、僧侶系
ソシアルナイト系アーチャー系+2種
上限値補正:
 




父親 +1 0 +1 +1 +1 -1 -1 +2
娘:シンシア 0 +1 +4 +5 +1 -2 +1 +11
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
総合評価
 父親クロムからは『天空』を強制的に継承する。シンシアは技が高めなので、技の値が発動率に直結する『天空』や『月光』などとは相性は良い。

 スキル関係では、新たに職素質にアーチャー系が加わる事でボウナイトで『弓殺し』を習得できるようになり、初期職のペガサスナイト系での運用が安定する。また、ソシアルナイト系で『聖盾』を習得、『大盾』・『聖盾』が揃う事で、上限値は低い守りの面を補う事も可能になる。

 シンシアを初期職のペガサスナイト系のままで使いたいならば、一番オススメできる父親候補と言えるかも。父親も母親も魔力が低めな物理攻撃職だったせいか上限に反し成長率的には魔力はそれほど伸びない。最終的には魔力の方が高まるのでダークペガサスがベストな気はするが、育成途上で言えば物理専門職の方が断然使い勝手は良い。その辺りはあんまりこだわらず好みで選んでも差し支えないレベルかも。

 なお、このカップリングでは姉にあたるルキナとの支援会話では「気付いてないけど実はファルシオンが使える」的な描写があるのだが、残念ながらファルシオンは使えず。チェッ…。

【オススメ父親3着】フレデリク
クラス適性: ペガサスナイト系、アーマーナイト系(カブリ)、僧侶系
ソシアルナイト系ドラゴンナイト系+2種
上限値補正:
 




父親 +2 -2 +2 -2 0 +2 0 +2
娘:シンシア +1 -1 +5 +2 +1 +1 +2 +11
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆
 クラス適性でドラゴンナイト系(ドラゴンナイト・ドラゴンマスター・グリフォンナイト)が加わるのはマイユニット以外はフレデリクのみとなる。ペガサス・ドラゴン両飛行系を全て網羅できてちょっとお得な気分に…!?「これぞ、空のヒーロー・シンシア!!」(←なんやそれ)

 上限値は母スミアが低い力と守備を綺麗に補う事ができるため、長所を伸ばすよりは短所を消す方向でのカップリングと言える。ただ、お互いの良さを打ち消しあっているのも事実で、力と魔力を互いに打ち消し合っているチグハグ感もあり、やや半端な印象は否めず。

 成長傾向から考えると魔力が伸びなくなるので、他キャラが父親の時よりも更に魔道士系やダークペガサスでの運用はやや厳しい(特に魔法と杖しか使えないような魔道士・賢者は辛い)。攻撃を底上げする『槍の達人』・『月光』、ビーストキラーの特効を回避する『槍殺し』を組み合わせて槍の使える上級職パラディン・グレートナイト・ファルコンナイト辺りでの使用が無難かもしれない。守備面が底上げされ『大盾』・『聖盾』も覚えるので、それらをガッチリ装備してのドラゴンマスター職なども悪くはない。


【ビリ】ガイア
クラス適性: ペガサスナイト系(カブリ)、アーマーナイト系、僧侶系
盗賊系剣士系+2種
上限値補正:
 




父親 +1 -1 +1 +2 -2 -1 0 0
娘:シンシア 0 0 +4 +6 -1 -2 +2 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
☆☆☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆☆
総合評価 ☆☆☆
 クラス適性で剣士系(剣士・ソードマスター)が加わるのはマイユニットの他ではこのガイアのみ。シンシアに剣を使わせるならガイアを父親に据えるのがベストか。ただ、母スミアの力上限が低くガイアのプラス値では穴埋めしきれないため、威力の低い剣で戦わせるには若干不満が残る。奥義『流星』も攻撃自体の威力を上げてくれはしないので、あんまり効率的にはよろしくない(特に敵の固い高難度モードで痛い)。自身の力は低め、技は高い事を考慮すればアサシンで修得する『滅殺』との相性は良いが、スキル自体の発動率の低さやここぞの強敵相手には発動しない等、欠点が多い。

 剣士系になれる事以外の利点は軒並みヘンリーでもできてしまうので、あえて父親にガイアを据える意義はあんまり感じられなかったりする。
 また、ペガサスナイト系の素質が被ってしまい他の子供ユニットの強化に差し障る事、かぶる事でシンシアの就ける職が少なめになってしまう事(剣士と盗賊で更に上級職アサシンがかぶる)も痛いところ。

 なお、父親の戦士の適性は母親で変化してしまうが、スキルは1つ継承可能なので、戦士・ウォーリアー・勇者のスキルから1種のみ継承させる事もできる。オススメは勇者の『太陽』かウォーリアーの『カウンター』のどちらかあたり。守備が脆いのでカウンターでダメージは稼ぎやすいが、太陽の方が安定感があってヘタレエムブレマー向けではある(苦笑)。

 親同士の支援会話はすっとぼけていて味はあるのだが、子供の強さという観点ではメリットらしいメリットは感じられない。



戻る


縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 覚醒 > カップリング考察 覚醒ッ!! > スミア