縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 覚醒 > カップリング考察 覚醒ッ!! > ソワレ
縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム覚醒 攻略
《カップリング考察〜覚醒ッ!!〜》
〜ソワレ〜

母親:ソワレ
クラス:ソシアルナイト → パラディン/グレートナイト
職適性:ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
  成長
傾向
限界
補正
HP C -
C -1
魔力 D -1
C +2
速さ A +2
幸運 B 0
守備 C -1
魔防 C 0
 FEシリーズ伝統の赤緑ナイトコンビの内の赤。なお、このカテゴリのユニットとしては初の女性。『ぷよぷよ』のアルルみたいな「おいおいおい、一人称がボクの『ボクっ娘』かよ〜…」と思いきや、どっちかと言うと宝塚系(男役の方ね)。性格は努力家で地道な鍛錬で鍛えるのが趣味。女扱いされるのを極端に嫌う。

 ユニットとしては技・速さの伸びがかなり良いスピードタイプ。大半の敵に追撃できるくらいの速さは簡単に確保できる。一方、力や守備の伸びは今ひとつで最前線に立たせるには耐久力の点でやや不安が残る。

 クラスの素質は初期のソシアルナイト系に加えて剣士系とドラゴンナイト系の系3種。系統がバラバラなので上級職でカブリが1つも無いのは嬉しい点。スキルは『月光』・『流星』・『滅殺』などの奥義を習得でき、技の高さから発動率も良いので、力の低さはある程度カバーできる。守備面ではパラディンで『聖盾』を習得できるが、自前での回復スキルが無いため、HPの回復はアイテムや他のユニットでの杖など、しっかりフォローしたい。

 娘デジェルは自身の3系統の職の他に、更にアーマーナイト系も加わり、マイユニット絡みを除けば最多の4系統が最低でも保証されている。補強するなら俄然『疾風迅雷』習得可能なペガサスナイト系の素質を持つ父親が望ましい


娘:デジェル
クラス:アーマーナイト → ジェネラル/グレートナイト
職適性:アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
  成長
傾向
HP B
C
魔力 D
B
速さ B
幸運 B
守備 B
魔防 D
 母ソワレ曰く「乗馬がヘタ」…という理由で重騎士の道を歩む事になった女アーマーナイト。女性の甲冑騎士はFEのシリーズでは珍しく、初期職がアーマー系なのは紋章シーマ、封印ウェンディ、暁メグらに続いて4人目である。初期職であるアーマーナイトの鎧には相当のコダワリを持っている。自らの能力の高さを誇りとするプライドの高さとコツコツと積み重ねを惜しまない努力家の面を併せ持つが、能力の無い人間の価値を一切認めない高飛車・高慢な一面もある。

 ユニットとしてのデジェルのウリはデフォルトで最低でも4系統のクラスに就くことができる事。加えて、父親から継承する素質が被らなければ、7種の系統のクラスに就くのも可能になる。これはマイユニットを除くと最多。

 自前で『聖盾』・『大盾』と言った守備スキルを習得できるので守備役として最高級のポテンシャルを秘める。攻撃面でも『月光』や『剣の達人』を自力で習得できるのが嬉しい。パラメータの上限は力も魔力も同程度だが、就けるクラスは殆ど物理攻撃職になる。高い守備面の素質を活かして壁として使っていくのがベストか。

 母親からの継承では自前で回復するスキルが無いので、『回復』・『太陽』・『生命吸収』などを習得できるクラスが加わると一層強みが増す。もちろん、ペガサス系の素質が加わって『疾風迅雷』も覚えられるなら、それに越したことはない。それらを考慮の上で父親を選びたい。

 



【別格ダントツ1着】マイユニット(男)
クラス適性追加:汎用職全て(男性専用職除く)
上限値補正:可変(プレイヤーの初期の選択で変わる)
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
総合評価
 マイユニットが父親ならば全ての汎用職に就けるので、ペガサスナイト系で『疾風迅雷』も習得可能。父であるマイユニットを超える万能ユニットになる事ができる。

 ペガサス系の素質を加えられるのはマイユニット・ドニ・ガイアの3名だけなので、ドニやガイアが空いていない場合はマイユニットをソワレとくっつける価値は十分ある。

 マイユニットもソワレも早期に仲間になり、2人共戦闘系のユニットなのでガンガン戦闘で支援値を稼ぐ事も可能。


 マイユニットをくっつけるにあたってカップリングや子供の強さでハンディに感じる事は無い。ムリヤリに短所を挙げるなら、元から就ける職が多いデジェルにわざわざマイユニットの汎用職の全素質をくっつけるのがちょっと勿体無く感じてしまう点くらいか。



〜マイユニット除くランキング部門〜

【オススメ父親1着】ドニ
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
ペガサスナイト系傭兵系トルバドール系+3種
上限値補正:
 




父親 +1 -1 -1 -1 +3 +1 -1 +1
娘:デジェル +1 -1 +2 +2 +4 +1 0 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価
 ドニを父親に据えると村人/戦士適性の代わりにペガサスナイト/トルバドール適性が加わり、結果、ダークペガサスで『疾風迅雷』を習得可能になる。これが最大の長所。ペガサスナイト適性を追加できるのはドニの他にはガイアとマイユニットしかいない。

 また、傭兵系が加わる事で『太陽』と『武器節約』も習得できる。デジェルは元から守備面の能力が高いので、『太陽』習得で一層安定した壁として運用できる。また、幸運補正に+3されるおかげで『武器節約』も活かしやすいのが長所。

 パラメータ上限値の面では、前述の幸運+3以外はこれと言って目立って増える項目も下がる項目も見当たらないバランス型と言ったところか。

 村人と戦士系(戦士・ウォーリアー)計3職のスキルは継承限定となる。『良成長』・『力の叫び』・『カウンター』の3種の内のどれかを継承させたい。育てる手間を省きたいなら『良成長』、他のユニットも強化したいなら『力の叫び』、デジェル自らの守備的な能力を更に高めたいならば『カウンター』を継承させると良い。育てきってしまえば『良成長』は意味を持たなくなるので、長い視点で見れば俄然『カウンター』がおすすめ。

【オススメ父親2着】ガイア
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系(カブリ)、ドラゴンナイト系
盗賊系戦士系+2種
上限値補正:
 




父親 +1 -1 +1 +2 -2 -1 0 0
娘:デジェル +1 -1 +4 +5 -1 -1 +1 +8
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価
 ドニの時と同様、デジェルにペガサスナイト系の素質を継承させる事ができるのが最大のメリット。剣士系や盗賊の上級職アサシンが被ってしまう難点はあるが、『疾風迅雷』の有無の前では些細な問題でしかない。

 父親がドニの時と比べると、ガイアを父親にすると技・速さといった元から高い上限値が一層強化される。ロンクーやヴィオール以外の他の父親ではなかなか強化できないので、前述のペガサス適性と合わせて、これもガイアならではの利点と言っていい。高難度の敵に対してもほぼ追撃がかかるため、攻撃的なスキルをセットする事でアタッカーとして頼りになるユニットに育ってくれるはず。

 他のメリットは盗賊系に就ける事。守備面の強い盗賊として使ったり、アーマー系で前線にいながら倒される心配の鍵開け要員として、活用も可能。『移動+1』をセットすれば移動面でハンディを抱えがちなアーマー系での使い勝手を上げる事もできる。これらは特にシナリオ攻略や一部の配信マップの宝箱回収等の場面において役立つ特性と言える。

【オススメ父親3着】リベラ
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
僧侶系魔道士系ダークマージ系+3種
上限値補正:
 




父親 0 +1 +1 0 -1 0 +1 +2
娘:デジェル 0 +1 +4 +3 0 0 +2 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価
 ヴェイクとは対照的にデジェルを魔法系ユニットとして大きく底上げする父親がリベラ。魔法職3系統はソワレと被らないので、3系統が順当に追加され、マイユニット絡み以外では最多の7系統を保持できる。

 ダークマージ系に就けるのでリザイアを装備し『大盾』・『聖盾』をセットしてリザイアをセットすれば魔法系ながら圧倒的にタフなユニットとして攻防で両面で役立つユニットになれる。

 また、力や守備もマイナスされないので、元のクラスであるアーマー系として使っていくのも可能。僧侶系で『回復』を覚えられるため、『大盾』・『聖盾』に加えて『回復』セットで鉄壁の壁役ユニットに成長する素質も秘めている。

 優れた守備面のみならず、威力底上げが出来る『復讐』・『魔の達人』、必殺率を上げる『呪い』系2種も覚えるため、単発の攻撃力でも数値以上の結果を残してくれる事も多い。スキル『待ちぶせ』とリザイア系の闇魔法を組み合わせれば、鉄壁の地雷・壁として役に立つ。

 欠点はやはりペガサスナイト系に就けないので『疾風迅雷』を覚えられない事か。それの有無で総合的な攻撃力はかなり変わってくるので、『疾風迅雷』持ちユニットと比べるとどうしても敵の殲滅力では見劣りしてしまう。
 守備面・回復面で優れたスキルを多数持つという良さを活かすなら、やはり守備的な使い方に活路を見出すべきかと。

【オススメ父親4着】ヘンリー
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
ダークマージ系盗賊系トルバドール系+3種
上限値補正:
 




父親 0 +1 +1 0 -1 0 +1 +2
娘:デジェル 0 +1 +4 +3 0 0 +2 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価
 リベラ同様、娘を魔法向けにするならばかなり優秀な父親候補がヘンリー。

 加わる3系統はソワレと被らず、ダークマージ系・盗賊系・トルバドール系が加わる。厳密に言えば剣士と盗賊の上級職アサシンは被るが、全体として見れば系統毎被る事は無いため、多くの職に就く事が可能な事は変わらない。

 3系統が順当に追加され、マイユニット絡み以外では最多の7系統を保持できる。リベラに比べるとダブルで役立つスキルを多く覚える。

 守備系の『大盾』・『聖盾』とソーサラーのリザイアを組み合わせる事で驚異のタフさを示してくれるのもリベラの時と同等の強烈さ。

 リベラと比べると『回復』を習得できないのが地味ながら痛い欠点で、リザイア以外で戦うと結構な差が出てしまうのは難点。『魔の達人』を持てないため、威力でも少々見劣りしてしまう。また、ジェネラルやグレートナイトで壁としても強いリベラ父のデジェルと比べると、壁としての適性・安定性は若干落ちる。攻撃的な壁として運用するなら継承でのみ習得可能な『カウンター』を付けてやや攻撃的なバランスで差別化すると良いかも…。

 やや使い勝手で劣る分、リベラを上位に、こちらヘンリーは一つ下に格付けしてます。


【オススメ父親5着】ヴェイク
クラス適性: アーマーナイト系(カブリ)、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
傭兵系盗賊系+2種
上限値補正:
 




父親 +3 -2 +1 +1 -1 0 -2 0
娘:デジェル +3 -2 +4 +4 0 0 -1 +8
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価
 ヴェイクとソワレのカップルは完全に物理攻撃に特化したパワータイプの組み合わせ。

 職の素質は1系統被ってしまうが、『武器節約』・『太陽』の両スキルを習得できる傭兵系が加わるのはかなりオイシイ。

 パラメータの上限値は魔力と魔防に各-2されてしまうが、デジェルは完全に物理攻撃職しか就けないので魔力の低さは特に問題ではない。母親ソワレが不足気味の力を大幅に底上げできるので、加算値の合計は低くても強化の効率自体は良い。

 こう見ていると欠点らしい欠点は無いようにも見えるのだが、そう、『疾風迅雷』が無い!!その一点でドニが父親の時と比べると、戦力としてかなり見劣りしてしまうのが難点。

 ドニに無くてヴェイクにある物は盗賊系の便利スキル、そして蛮族・バーサーカーで修得する継承限定のスキルの存在。『怒り』と『斧の達人』はドニでは持たせる事ができない。差別化を図るなら是非どちらかを継承させたい。プレイヤーさん毎の価値観にも拠ると思われるが、当遊戯堂的には半端な強化値の『怒り』よりは断然『斧の達人』の方がオススメ。継承した『斧の達人』・各種守備系スキルと『太陽』をセットして斧の装備できるジェネラルやグレートナイトで使うのがよろしいのではないかと。

【オススメ父親6着】カラム
クラス適性: アーマーナイト系(カブリ)、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系
盗賊系僧侶系+2種
上限値補正:
 




父親 +1 0 +1 -2 -2 +3 0 +1
娘:デジェル +1 0 +4 +1 -1 +3 +1 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価
 カラムとソワレは弱点を補い合うカップルとなる。親同士でもダブルで動かせばソワレの弱点の力・守備を底上げでき、カラムの移動力の低さをカバーもできる。

 就けるクラスはアーマーナイト系が被るので1系統減るが、それでも6系統は確保できるので不足は感じない。

 パラメータ上限はお互いの不足ポイントをカバーできるバランス型。ソワレが低い守備を高めてくれる。カラムは力も魔力も下げないので、魔法系(=賢者のみだが)での運用にもハンディを抱えないのが嬉しい。

 スキルは僧侶系に就ける事で『回復』を習得できるのが大きな利点。これにより、デジェルが元から高い壁役の素質を更に高める事ができるのが嬉しい。守備の上限が更に高まる事を考慮すると、ジェネラルとしてガッチリと前衛で壁を任せるならば最高級の父親候補と言えるかも。

【オススメ父親7着】グレゴ
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系(カブリ)、ドラゴンナイト系
傭兵系トルバドール系+2種
上限値補正:
 




父親 +2 -1 +2 0 -1 +1 -2 +1
娘:デジェル +2 -1 +5 +3 0 +1 -1 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆
 グレゴを父親にする利点はデジェルに傭兵の適性が追加される事か。スキルに『太陽』が追加されるため、壁として耐久性が大幅に向上する。

 パラメータ上限はソワレが低めの力を底上げできる。技は両親とも高いので+5ものボーナスが付き、確率発動のスキルの発動率を底上げできるのは◎。魔力と魔防がマイナス補正となる。魔力は魔法を使う職が無いから別に困らないが、魔防がマイナスされてしまうのはちょっと痛い。

 スキルは傭兵系の『武器節約』・『太陽』習得可能なのが嬉しい。トルバドール系では楽に習得可能な『深窓の令嬢』で多数のユニットを手軽に強化できる。蛮族・バーサーカー・ウォーリアーのスキルは継承限定となる。どの職でも使える『カウンター』がオススメだが、『斧の達人』・『力の叫び』も悪くない。パワフルな稼ぎ役にするなら『強奪』を付けて前線で金塊を荒稼ぎとかできたりもする。

 クラスの適性は最初に挙げた『傭兵』適性が追加されるのが最大のメリット。ただし、ヴェイクが父親の時と同様にペガサスナイト適性が無いためにドニ父の時の劣化版になってしまうのは否めない。ヴェイクと比べてもトルバドール系より盗賊系の方が戦闘や移動で使えるスキルの数に差がある分、ちょっと見劣りはする。


【オススメ父親8着】ヴィオール
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系、ドラゴンナイト系(カブリ)
アーチャー系魔道士系+2種
上限値補正:
 




父親 0 0 +2 +2 -1 -2 0 +1
娘:デジェル 0 0 +5 +5 0 -2 +1 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
総合評価 ☆☆
 ヴィオールとソワレは同時に登場。1章ですぐ加入するので早期にカップル成立狙うのも容易い。ダブルを組ませてソワレを前衛で使っていけば楽に支援値を稼ぐ事ができる。


 パラメータの上限は母親ソワレと父親ヴィオールの傾向が似ているので、元から高い技・速さ上限はそれぞれ+5もの加算値が得られる。ジェネラルやドラゴンマスター等のやや遅いクラスでも速さ不足を感じなくなる点は嬉しい。守備は下がってしまうので、賢者のような魔法専門職だと上限でも30未満に留まってしまう。

 就ける職が多くなるのに反してスキルはややパンチ力に欠けるのは否めず。『〜〜の叫び』系や『〜〜殺し』などの命中・回避の底上げスキルは多く覚えるのだが、回復スキルや攻撃スキルはやや物足りなさを感じてしまう。


【オススメ父親9位】リヒト
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系(カブリ)、剣士系、ドラゴンナイト系
魔道士系アーチャー系+2種
上限値補正:
 




父親 -1 +2 0 0 +1 -1 0 +1
娘:デジェル -1 +2 +3 +3 +2 -1 +1 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆☆
 見るからに魔法系であるリヒトを父親にすると娘デジェルは上限値の面では力よりも魔力の補正の方が高くなる。力と魔力で3も差があるので最終的には賢者やダークナイトで使っていくのがベターか。数値面では別に固いという程でも無いが、『大盾』・『聖盾』の両方を所持しているだけに数値以上の守りは保持できる。固い魔法系ユニットとして使っていくと面白い。

 攻撃面は『魔の達人』は習得できないから一発の威力はやや不足すると言う点でやはり『月光』がよろしいかと思うが、他にも『流星』・『滅殺』と色々揃うので、お好みに合わせてセットすればいい。剣と魔法の両方が使えるダークナイトならば『剣の達人』をセットして物理攻撃と魔法攻撃両方を使い分ける運用法もある意味ではバランス型の父親リヒトに似た感じになってるなぁ…とは思えるが、やや中途半端か。

 受けに適したスキルはある程度完成しているのだが、回復系のスキルがこちらから攻撃した時に限る『生命吸収』しか追加されないのはやや残念なところ。


【オススメ父親10位】クロム
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系(カブリ)、剣士系、ドラゴンナイト系
アーチャー系+1種
上限値補正:
 




父親 +1 0 +1 +1 +1 -1 -1 +2
娘:デジェル +1 0 +4 +4 +2 -1 0 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆☆☆
クラス
適性
☆☆☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆☆
総合評価 ☆☆☆
 職の素質はロード系が遺伝しない割に代替職も無いので2系統の損をしているのと同等であまり美味しくない。

 スキルは強制的にマスターロードの『天空』を習得可。その他、アーチャー系で『命中+20』・『弓殺し』を習得可能。

 弓対策に『弓殺し』、攻撃面で『天空』や『流星』をセットしてドラゴンナイトで運用するなど、他の父親にできない運用法ができるのは面白い点。『天空』は発動率が低いのがネックだが、回復も兼ねられるので壁役として使う分にもメリットはある。

 こうしてひと通り見回して見れば一応のメリットもあるにはある。ただし、クロムは男性で唯一固定の子供(ルキナ)がいるため、そちらの性能も考えてカップリングする必要があり、残念ながらペガサスナイト素質の無い(=『疾風迅雷』習得不可である)ソワレはルキナにとって良い母親候補とは言えない。その点を考慮すると、わざわざクロムとソワレをくっつける意義が見えて来ないのが現実。クロムの嫁は素直に他の3人(いずれもペガサス系の素質有)から選んだ方が良さそうだ。


【オススメ父親11位】ロンクー
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系、剣士系(カブリ)ドラゴンナイト系(カブリ)
盗賊系+1種
上限値補正:
 




父親 0 0 +3 +3 0 -2 -2 +2
娘:デジェル 0 0 +6 +6 +1 -2 -1 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆☆☆
クラス
適性
☆☆☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆☆
 最下位のフレデリク程ではないが、これも勿体ない組み合わせ。剣士系・ドラゴンナイト系の2系統が被り、残る1種の盗賊の上級職アサシンも被る。実質的には盗賊・トリックスターの2種しか増えない大損のカップルになってしまう。

 パラメータの上限は技と速さの両方に+6と言う絶大な加算値がプラスされるのは嬉しい。これによってアーマー系でも速さに困る事は無くなり、元から速いソードマスターやアサシンに就けば追撃できない相手はいなくなる程。手数が多くなるので『月光』で堅実に攻撃を底上げするも良し、バクチ的になってはしまうが技が上がり発動率が高まる事を期待して『流星』・『滅殺』等をセットしてみるも良し。

 ただ、守りの面では守備も魔防も下がってしまい、防御に適したデジェルの特性を潰してしまう感じは否めず。壁として使うのではないとしても、攻撃役として使うなら『疾風迅雷』の無さがどうしても物足りなさとして残ってしまう。まぁ、ちょっと贅沢な悩みかもしれんですけどね。

【オススメ父親12位】ソール
クラス適性: アーマーナイト系、ソシアルナイト系(カブリ)剣士系(カブリ)、ドラゴンナイト系
アーチャー系+1種
上限値補正:
 




父親 +2 0 +1 0 -2 +2 0 +3
娘:デジェル +2 0 +4 +3 -1 +2 +1 +11
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
☆☆☆
パラ上限
補正
パラ上限
補正
☆☆☆
総合評価 ☆☆☆
 シリーズお馴染みと赤と緑騎士のカップリングだが、子供の能力を考えるとかなり無駄が多く、勿体ないカップリングと言わざるを得ない。

 パラメータの上限はお互いに弱点をカバーできるのが嬉しい。ソールは上限値ボーナスが父親候補で最大の+3あるので加算幅が大きいのも利点。唯一、幸運だけはマイナスに振れてしまうのだが、幸運発動のスキルを持たないので、大した問題ではない。

 クラスの方はかなり問題アリで、ソールの素質の内、2系統がバッティング。アーチャー系1系統しか追加されないのが勿体ない。

 就ける職が少ない分だけ、どうしてもスキルも寂しくなってしまうのは否めず。『弓殺し』を習得できるので、固いドラゴンマスターとして運用するのが楽になるのは利点とは言えそうだが…。


【オススメ父親ビリ】フレデリク
クラス適性: アーマーナイト系(カブリ)ソシアルナイト系(カブリ)、剣士系、ドラゴンナイト系(カブリ)
+0種
上限値補正:
 




父親 +2 -2 +2 -2 0 +2 0 +2
娘:デジェル +2 -2 +5 +1 +1 +2 +1 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
☆☆☆☆
クラス
適性
☆☆☆☆
パラ上限
補正
☆☆
パラ上限
補正
☆☆
総合評価 ☆☆☆☆
 フレデリクとソワレをカップルにした場合、なんと全ての職が丸かぶりになってしまうので、デジェルの職素質が1系統も増えない丸損の組み合わせ。デジェルは他の子供ユニットより1系統多い4系統の素質が保証されているとは言え、ここまで丸かぶりで1つも系統が増えないのは効率的にも気分もよろしくない(苦笑)。

 ステータス面ではソワレが低めだった力・守備を底上げしてくれる利点はある。デジェルは守り向けのユニットゆえ、守備が高くなり魔防も下がらない点は嬉しい。ただ、速さが-2されて攻撃役としての性能が下がる分、一長一短と言った具合か。

 まぁ守備面の『聖盾』と『大盾』、攻撃を底上げできる『月光』がある時点で弱いユニットではないのだが…どうにも勿体無い印象が強い。


縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 覚醒 > カップリング考察 覚醒ッ!! > ソワレ