縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 覚醒 > カップリング考察 覚醒ッ!! > サーリャ
縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム覚醒 攻略
《カップリング考察〜覚醒ッ!!〜》
〜サーリャ〜

母親:サーリャ
クラス:ダークマージ → ソーサラー/ダークナイト
職適性:ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系
  成長
傾向
限界
補正
HP B -
D 0
魔力 B +3
E -1
速さ B +1
幸運 D -3
守備 C 0
魔防 D +1
 ペレジア王国の女ダークマージで、代々多くの闇魔道士を輩出する家の出。呪術師らしく根暗な性格で万事においてひねくれた物の見方をする。一方で、主君にもあたるペレジア王ギャンレルの卑劣な振る舞いに反感を覚え(+マイユニットに一目惚れして)軍を離れ、クロム達の仲間に加わる。何かあれば「呪うわよ」と脅しをかけてみたり表面上は悪ぶってもいたりもするが、根っこは善人らしく何かと水面下で他人の世話を焼いていたり意外と家族思いだったり憎めない面も多い。
 ちなみに、クロム軍随一のスタイルの良さを誇る…との設定があるが、セクハラジジイ的見方で各女性のイラストを見る限りでは(貧乳なる設定を持つティアモ以外は)別にデブとか胴長とかチチが無いとか二の腕が弛んでるとかいうスタイルでハンディを持つ女性キャラはいないので、セクシーボディが彼女ならではの武器かというとそうでもない気も(苦笑)。

 ユニットとしては、魔法使いながらも意外とタフで、育ていくと魔法系にありがちな脆さをすぐに克服できる。布切れ一枚の半裸状態なのに何と言うガードの固さ!!『大盾』まで覚える頃にはリザイア装備で壁役すら務まる。ただし、幸運はかなり低めなので強敵相手の必殺被弾にだけは注意したい。

 パラメータ上限から言えば+3の補正がある魔力を活かし、ダークマージ系で使っていくのがベストか。初期職はダークマージだが他のアーマー系・アーチャー系は物理攻撃職であり、力にマイナス補正も無いため、意外と使い方に幅が出るユニットでもある。


娘:ノワール
クラス:アーチャー → スナイパー/ボウナイト
職適性:ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系
  成長
傾向
HP C
C
魔力 C
D
速さ B
幸運 C
守備 C
魔防 C
 闇の魔法の使い手である母サーリャと違って弓で戦う女の子。パッと見だといかにもひねくれたサーリャと異なり、優しさが表面に出た常識人といった印象。おとなしくて風が吹いたら飛ばされそうなか弱さを醸しだしているのだが、ブチ切れると第二の人格『魔王』に切り替わり、途端に尊大に振るまい周りの人間を絶句させたりする。ただ、キレて魔王化しても矢を撃ちまくったり暴れたりはしないので実害は少ない。
 ノワール自身は闇魔法へ高い適性を持つが、母親サーリャは心身への負担が大きい闇魔法そのものの恐ろしさから遠ざけるために、あえて娘に闇魔法の手ほどきはしなかった…と聞くとお涙頂戴の感動物語なのだが、実際には良いようにくだらない呪いの実験台に使っていたりして、優しんだかそうでないのか測りかねたりもする。

 登場時は母親とは違うアーチャー系での登場となる。クラス的には物理攻撃職なのだが、数値の伸びは力も魔力も同程度あり、上限に至っては明らかに魔力の方が高くなりやすい。
 父親次第で大きく戦い方を変えるユニットと言い換える事もできる。基本的にはやはりペガサスナイト系の素質を手に入れ『疾風迅雷』は習得したい。その上で物理攻撃系・魔法系のどちらを優先するかはプレイヤーさん次第だが、幸運の極端な低さもあるため、迎撃よりは攻撃役の方が適していると言えるかもしれない。

 『疾風迅雷』を継承させられる父親はマイユニットを除くと2名しかおらず、いずれもが魔法攻撃は苦手。そう言う意味では魔法にこだわらず物理攻撃職で活かすも良し、『疾風迅雷』を捨ててあえて一発の重さ重視でカスタマイズするも良し。攻撃の威力確保用スキル『月光』・『復讐』は自前で確保できるので、『疾風迅雷』にさえこだわらなければアレコレ試すのが楽しいユニットではある。
 とりあえず、当遊戯堂的には強スキル『疾風迅雷』持ちをランキング上位とはしますけど、案外細かい事にこだわらない方があれこれ楽しめて良いかもしれませんなァ!!



戻る



【別格ダントツ1着】マイユニット(男)
クラス適性追加:汎用職全て(男性専用職除く)
上限値補正:可変(プレイヤーの初期の選択で変わる)
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
総合評価
 ペガサスナイト系の素質(≒「疾風迅雷」を修得する権利)をノワールに与えられるのはマイユニット・ガイア・ドニの3名のみ。その内、ガイアとドニはどちらも魔力が低いので、娘ノワールの魔力にプラス幅を増したい場合は「魔力を得意」に設定したマイユニットとサーリャをくっ付けるのがベスト、となる。『高い魔力+疾風迅雷』を達成できるのは完全にマイユニット1人だけであり、その点だけでも十分カップリングの価値はある

 初期職の弓系にこだわる場合は「力を得意」にするのも良し、色々とカスタマイズが楽しめるのもマイユニットならでは。娘ノワールは力も魔力も同程度で伸びていくので、軍師系でのみ習得できる『華炎』との相性も良い。

 サーリャはマイユニットの圧倒的な素質の高さを継承させるにはぴったりの相手の一人と言える。マイユニット×サーリャのカップリングを成立させる価値は十分。同じ『疾風迅雷』追加可能組のソワレやノノらとの兼ね合いになるが、ドニ・ガイア・マイユニットの3名はできれば彼女らとうまくくっつけたいところ。



〜マイユニット除くランキング部門〜

【オススメ父親1位】ガイア
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系
盗賊系剣士系ペガサスナイト系+3種
上限値補正:
 




父親 +1 -1 +1 +2 -2 -1 0 0
娘:ノワール +2 +3 +1 +4 -4 +1 +1 +8
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価
 ガイアを父親にする最大のメリットはやはりペガサス系の素質を加えられ『疾風迅雷』を覚えられる事に尽きる。同じ『疾風迅雷』組のドニと比べた際の利点は『豊富な移動スキル+待ちぶせでの闇魔法攻撃が可能』って事あたりか。

 別格のマイユニットを除けばペガサス系素質を加えられるのは他にはドニ1人のみ。ドニの時と異なるのは傭兵系になれないため『武器節約』を習得できない代わりに『流星』・『滅殺』等の(やや運任せだが)強烈なスキルを習得できるのが強みか。もちろん、それらに頼らなくてもノワールは自前で『月光』・『復讐』は持てるので、技・速さを底上げしての攻撃役として堅実に役立つ。
 盗賊系の豊富な移動補助スキル。『移動+1』・『軽業』・『すり抜け』をセットすれば敵の間をかいくぐってピンポイントで弱い部分を突いたり、歩兵で森や山や川を強引に渡って敵陣深くに突き刺さった後に『疾風迅雷』で華麗に戻ってくる等、アタッカーとして面白い使い方ができる。
 また他に強みになりそうなのが、剣士系の『待ちぶせ』。闇魔法と相性が良く、ピンチ時に先制してリザイアで回復し生存、先制でルイン必殺やイルで殺してダメージを受けない…などの使い方ができる。

 父ガイアが戦士→勇者とクラスチェンジし『太陽』を覚えていれば、継承限定で娘ノワールに持たせる事もできる。ウォーリアーの『カウンター』も有用なので迷うところだが、相手へのダメージを優先するなら『カウンター』、自分の生存力優先なら『太陽』といったところか。バーサーカーの『斧の達人』は斧装備の職がジェネラルとグレートナイトしかないノワールには別に美味しくないからやめとこう。

 パラメータ上限の合計値は控え目だが、幸運以外は浅く広く底上げしてくれるのが長所。唯一幸運はガッツリ下げられ-4なるかなり低めの補正値になってしまう。両親共に伸びが悪いだけに育成途上においても運の低さには十分注意したい。


【オススメ父親2位】ドニ
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系
傭兵系トルバドール系ペガサスナイト系+3種
上限値補正:
 




父親 +1 -1 -1 -1 +3 +1 -1 +1
娘:ノワール +2 +3 -1 +1 +1 +3 0 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価
 他ユニットの兼ね合い(ガイア×ソワレの組み合わせだと職の素質が被る等)の関係上2位にランク付けしたが、こちらドニの長所も圧倒的(『疾風迅雷』+錬成闇魔法使い放題)であり、ソワレの娘デジェル側で多少デメリットを被っても良いなら、こちらドニが最良と言えるかもしれない。

 ドニは数少ないペガサスナイト系の素質を娘ノワールに持たせる事が可能な父親候補。加えて、マイユニットを除けば傭兵系の素質も加わる唯一の存在であり、『武器節約』・『太陽』を習得できるのが強み。『疾風迅雷』と傭兵系(『武器節約』+『太陽』)を両立できるのはマイユニットを除けばドニ一人であり、この点だけを取っても他を引き離す魅力を備えていると言える

 継承限定スキルは村人・戦士・ウォーリアーの3系統のスキルとなる。育成の効率を上げたいなら『良成長』であっという間にエースに育てるも良し、初期職のアーチャー系での使い勝手を上げたい場合は『カウンター』を持たせるのがオススメ。敵ターンでカウンターでダメージを返し、自ターンで『復讐』分のダメージ上乗せで『太陽』や『生命吸収』で華麗に回復…とかできるのが面白い。

 パラメータは母親サーリャの低い幸運値を高めてくれるため、『武器節約』との相性も良い(50確保は叫びなりダブルなり組み合わせる必要はあるが)。欠点は魔力の上限を少し下げてしまう事くらいだが、『疾風迅雷』を始め多くの優秀なスキルを習得できる事を思えば、魔力-1くらいは些細な問題。

 ペガサスナイト素質を継承できるドニは需要が多いので、組み合わせ次第では他のユニットも試してみよう!


【オススメ父親3位】グレゴ
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系
傭兵系剣士系トルバドール系+3種
上限値補正:
 




父親 +2 -1 +2 0 -1 +1 -2 +1
娘:ノワール +3 +3 +2 +2 -3 +3 -1 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価
 父グレゴと母サーリャで職の素質にカブリは無いので6系統の職に就くことができる(傭兵・アーチャーからなれるボウナイトなど上級職で被る物はある)。

 傭兵系が加わるので、『太陽』・『武器節約』を習得できるのが嬉しい。ただし幸運は伸びが悪く上限も低いので100%武器をケチるようにするには叫び系のスキルやダブルでのサポートは必須となってくる。

 魔力の値はそれほどでもないが、剣士系で習得可能な『待ちぶせ』と闇魔法リザイアの相性は良い。ソーサラーにクラスチェンジさせ剣士系で習得できる『待ちぶせ』をセットして錬成リザイアを持たせて地雷として運用するのも可。『太陽』も一緒にセットすれば回復機会が増え、更に前線での安定性がアップ。

 パラメータ的には力も魔力も同程度になるので初期職のアーチャー系でも魔法を使うダークマージ系でも幅広い運用が可能。母からの素質で『月光』は覚えられるし、剣士系『剣の達人』やスナイパー『弓の達人』を習得できるので、初期職の延長上のクラスでもしっかり戦える。


【オススメ父親4位】リヒト
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系(カブリ)、アーマーナイト系
魔道士系ソシアルナイト系+2種
上限値補正:
 




父親 -1 +2 0 0 +1 -1 0 +1
娘:ノワール 0 +6 0 +2 -1 +1 +2 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
総合評価 ☆☆
 男性陣の中で魔力が最も高くなるリヒトを父親にすると、必然的に子供ノワールも魔力の上限が高くなる。魔力上限は+6の補正が加わり、更に魔道士系の『魔の達人』をセットすれば単純に一発あたり+11もの威力を稼げるのは美味しい。ソーサラーでリザイアを持てば純粋に回復量も増えるため、更に安定性が増す。

 職の素質のカブリはアーチャー系の1系統で魔道士系とソシアルナイト系の計2系統が追加される。ノワールは元から『月光』は覚えられるが、新たにソシアルナイト系では『聖盾』が習得可能で、『大盾』・『聖盾』の両方が揃う。これらと『魔の達人』をセットした上でソーサラーでリザイアを持たせれば一発が大きい地雷役としてタフに前線で頑張ってくれる。

 パラメータ的には力より魔力の方が断然上がるので、ソーサラーなり賢者なり魔法を専門とする職で使うのが一番だとは思うが、初期職のスナイパーやボウナイトでもそこそこ戦える強さはある。その辺りはお好みでどうぞ。


【オススメ父親5位】リベラ
クラス適性: ダークマージ系(カブリ)、アーチャー系、アーマーナイト系
僧侶系魔道士系+2種
上限値補正:
 




父親 0 +1 +1 0 -1 0 +1 +2
娘:ノワール +1 +5 +1 +2 -3 +2 +2 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆
 『疾風迅雷』習得可能の上位2名からはグッと落ちるが、こちらリベラは魔道士系で『魔の達人』を習得可能なのが利点。リヒトが父親の時と同等の強さが期待できるが、こちらは『回復』を覚えるのが利点と言えるか。

 ダークマージ系の素質は被るので追加されるのは僧侶系と魔道士系の2系統に留まる。前述の『魔の達人』に加え、僧侶系で『回復』を覚えられるため、前線での安定性が上がるのが嬉しい。また、リベラは魔力上限も上げてくれるため、純粋に一発辺りの威力も底上げしてくれる。

 基本的にはソーサラーでHP吸収効果を持つリザイアなりを持たせて前線にポイっとぶん投げる使い方が向くとは思うが、リベラは力も下げないので、初期のアーチャー系でも使っていけなくはない。『月光』・『復讐』などと組み合わせれば弓でも一線級の活躍は期待できる。

 職のカブリ以外はこれと言って大きなデメリットは無いと思うが、ややパンチ力には欠けるかもしれない。


【オススメ父親6位】ロンクー
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系
剣士系盗賊系ドラゴンナイト系+3種
上限値補正:
 




父親 0 0 +3 +3 0 -2 -2 +2
娘:ノワール +1 +4 +3 +5 -2 0 -1 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
総合評価 ☆☆
 ロンクーを父親にした時のメリットはやはり技・速さがバツグンに高くなる点。母サーリャは技が低めだから、この部分に大きな底上げがなされるのは嬉しい。『復讐』・『流星』等の技が発動率に関わるスキルの発動率上昇も期待できる。

 職の素質は父親と母親で被る部分が無いので6系統から好きに選べる(盗賊・剣士の上級職アサシンは被るが)。
 欠点は守備の脆さと強化ポイントがチグハグで職が多数加わる割にあまり美味しいと感じない部分か。攻撃役としては『疾風迅雷』が無いためセレナやアズールらからは見劣りはするし、ダークマージ系で地雷として使うのに美味しい要素は新たに加わわらない。

 ロンクーならでは要素を活かすなら、『弓殺し』と盗賊系の移動スキルをセットしてやたらと機動力の高いドラゴンマスターとして使っていくのが無難か。『斧・槍の達人』は習得できないが、『月光』である程度カバーできるし、技の高さから発動する事を期待して『流星』や『滅殺』等の博打スキルを多くセットするのも面白いかも。
 もしくは『剣の達人』・『月光』をセットしてボウナイトとして使っていくのもいいかもしれない。一発の威力も『疾風迅雷』も無いために正統派の強さはちょっと期待できないので、トリッキーさで勝負してみたい。他とは違うユニークな使い方が色々見えてくるはず。


【オススメ父親7位】ヴィオール
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系(カブリ)、アーマーナイト系
魔道士系ドラゴンナイト系+2種
上限値補正:
 




父親 0 0 +2 +2 -1 -2 0 +1
娘:ノワール +1 +4 +2 +4 -3 0 +1 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
総合評価 ☆☆
 基本的にはリヒトが父親の時と似たような感じにはなるが、こちらヴィオールの方が技・速さは高くなる。母サーリャは技・速さがそれほど高くないし、ソーサラーや賢者など魔法系の職自体もそれらは抑えめな値だけに、技・速さを大きく上乗せできるのは純粋に嬉しい。

 ただし、リザイアを持たせての地雷戦法で運用する場合、魔力はリヒト父の時より劣り、『聖盾』を持てない事で耐久力の部分でも見劣りはしてしまう。

 ヴィオールを父親にする強みを活かすなら剣も魔法も使えるダークナイトで運用してみるとか、一捻りしてみたいところではある。


【オススメ父親8位】ヘンリー
クラス適性: ダークマージ系(カブリ)、アーチャー系、アーマーナイト系
トルバドール系盗賊系+2種
上限値補正:
 




父親 +1 +1 +2 0 -2 +1 -1 +2
娘:ノワール +2 +5 +2 +2 -4 +3 0 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆☆
クラス
適性
☆☆☆
パラ上限
補正
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価 ☆☆
 ヘンリー×サーリャは同じダークマージ同士のカップリングとなる。本作だと同職同士のカップリングはイマイチな例が多い気がするが、このヘンリー×サーリャもあんまりパッとしない感じではある。

 移動を補助する盗賊系と継承限定で蛮族→ウォーリアー・バーサーカーのスキルの配置。基本的にはガイアが父親の時と似通った感じにはなるが、こちらは『疾風迅雷』が無いのが痛過ぎる。

 魔力の伸びならこちらヘンリーの方が断然上ではあるが、スキルを見比べるとやはり相当見劣りしてしまう。

 ヨソに無い利点を活かすならトルバドール系のスキルを活かしたダブル後衛要員、もしくは各種叫び(技・守備・魔防と継承限定で力の叫び)と『深窓の令嬢』を活かした支援要因として使っていくのも手ではあるが、わざわざ子世代有数の攻撃能力を秘めるユニットを支援専用に回すのはやや勿体ない印象が強い。



【オススメ父親9位】ソール
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系(カブリ)、アーマーナイト系
ソシアルナイト系剣士系+2種
上限値補正:
 




父親 +2 0 +1 0 -2 +2 0 +3
娘:ノワール +3 +4 +1 +2 -4 +4 +1 +11
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価 ☆☆
 ソールは物理攻撃専門ながら魔力を下げないのが利点。母サーリャからの素質で得られる『月光』・『復讐』・闇魔法と父親ソールの剣士系で取得可能な『待ちぶせ』との相性が良く、リザイア等を持たせた上で迎撃役にすればバツグンの安定感を誇る。

 力もそれなりに高いので初期職のアーチャーや騎馬系での使用にも向く。力・魔力が同程度に高い事を考慮すれば剣と魔法の二刀流が可能なダークナイト辺りだと強みを発揮できるかも。

 職が一部被る事以外はこれと言って欠点らしい欠点は無いとは思うのだが、ソール自身が父親としてそこそこの需要があるため、わざわざ利点の少ないサーリャの相手に持ってくる必要性がそれほど感じられない事自体が最大の欠点かも…。


【オススメ父親10位】カラム
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系(カブリ)
僧侶系盗賊系+2種
上限値補正:
 




父親 +1 0 +1 -2 -2 +3 0 +1
娘:ノワール +2 +4 +1 0 -4 +5 +1 +9
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆
 カラムは守備面の強化と言った面で優秀な父親候補。魔力を下げずに守備を大きく底上げできるのが嬉しい。

 スキルは僧侶系で『魔の達人』を覚えられる。『回復』と組み合わせてソーサラーで使えばリザイアを装備して適当に前線に放り投げる事ができる地雷ユニットとして優秀になる。

 欠点は幸運と速さの上限が最低クラスに落ちてしまう事。幸運は別に『武器節約』とか持っていないから必殺被弾しないだけの値が確保できれば良いのだが、速さの低さはアーマー系などの遅いユニットで運用すると高難度の敵に追撃がかかりにくいデメリットを抱えてしまう。叫び系のスキルやダブル(剣士系やペガサスナイト系と組むと良い)で速さの底上げを考えよう。


【オススメ父親11位】フレデリク
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系(カブリ)
ソシアルナイト系ドラゴンナイト系+2種
上限値補正:
 




父親 +2 -2 +2 -2 0 +2 0 +2
娘:ノワール +3 +2 +2 0 -2 +4 +1 +10
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆☆
パラ上限
補正
☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆
総合評価 ☆☆☆
 フレデリクの利点は守備面の能力を底上げしてくれる事。同じ守備系の能力が高いカラムと比べると幸運の値を下げずに守備面を底上げできる(代わりに魔力が大きく下がってしまうが…)。物理職ながらも魔防を下げず、ソシアルナイト系で『聖盾』も覚えられるので、娘ノワールは物理攻撃にも魔法攻撃にも高い耐性を誇るユニットに育ってくれるはずだ。

 ただ、それ以外は今ひとつといった感が強く、母サーリャの強みである魔力を下げてしまう他、速さまで-2され、プラス補正がなされないのは地味ながら痛い。また、職の素質もアーマー系が被ってしまう他、上級職グレートナイトが被るソシアルナイト系・スキル面で優秀とは言い難いドラゴンナイト系しか追加されないのが面白くない。

 これと言って大きなメリットが無い割に欠点が多いからオススメとは言い難いが、ノワール自体が弱いわけではないから、このカップリングで決まってしまったら割り切って物理職で使っていくと良いかも。パラメータの伸びとしては力の方が高くなり易いので、初期のアーチャー系で使うのも良し、新たに加わるドラゴンナイト系で『弓殺し』をセットして使ってみるも良し。


【オススメ父親・ビリ】ヴェイク
クラス適性: ダークマージ系、アーチャー系、アーマーナイト系(カブリ)
傭兵系盗賊系+2種
上限値補正:
 




父親 +3 -2 +1 +1 -1 0 -2 0
娘:ノワール +4 +2 +1 +3 -3 +2 -1 +8
独断的各種評価
(★5つが最高評価です)
カップル
成立しやすさ
☆☆
習得可能
スキル
☆☆
クラス
適性
☆☆☆
パラ上限
補正
☆☆☆
他の候補との
兼ね合い
☆☆☆
総合評価 ☆☆☆
 職の素質は特殊遺伝のアーマーナイト系の素質が被るが、傭兵系と盗賊系の2系統が加わる。

 『傭兵系』が加わるのは美味しく、『武器節約』で錬成闇魔法を使って運用できたりするのが面白い点。ただし、娘ノワールの幸運は伸びも上限も低いために、スキルを活かそうとする場合はアイテム・叫び・ダブルと二重三重でのサポートは必須となる。

 加えて、その他のパラメータの上限値はかなり悲惨で、両親の良さが散っているせいで力(はそこそこあるが)も魔力も伸びきらない。前述の幸運、更に魔防も伸びは悪い。魔力より力の方が高くなるので、ダークマージ系にこだわるよりは初期職のアーチャー系や傭兵系で運用した方が向いているかもしれない。

 ウォーリアーやバーサーカーのスキルは継承限定になる。『カウンター』あたりが無難だと思うが、力はそこそこ伸びるし斧使用の職も多いから『斧の達人』も悪くはない。勇者 or ジェネラルで『斧の達人』・『復讐』・『月光』を組み合わせればかなりのダメージを期待できる。

 とりあえずムリヤリ優劣を付けたせいでビリになってはしまったが、ヴェイクならではの利点もあるし、他の女性のビリユニットと違って職カブリも1つだけ。しっかり利点を活かして戦っていけば、ヴェイクが父親でも十分使えるユニットになれるはず。

縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 覚醒 > カップリング考察 覚醒ッ!! > サーリャ