縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 暁の女神 > シナリオ:後日談
縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム 暁の女神 攻略
《シナリオ:後日談》


第一部

名前 加入 クラス 内容
ミカヤ 光魔道士 暁の乙女 ミカヤ
先王ペレアスと臣民の強い要請の元、
デイン第15代国王として即位。
その後、デインは空前の発展を遂げる。
エディ 剣士 義に厚き剣士 エディ
新王に望まれながらも、
特別な地位を得ることなく街で暮らした。
時折、王城を訪れて明るい話題を提供した。
レオナルド 弓兵 心正しき弓使い レオナルド
王国軍の一人として復興活動に勤しむ。
その容貌と確かな実力で
国の女性達の人気の的となった。
ノイス 1 戦士 能ある斧使い ノイス
諸国を放浪しては、
その土地に住む人々の窮状を救った。
各地の村にその逸話が残っている。
ローラ 2 僧侶 とぼけた聖女 ローラ
故郷の教会に戻り、
恵まれない孤児たちの母となった。
おっとりした性格でみんなを和ませた。
サザ 2 盗賊 緑風 サザ
デイン王となったミカヤの側近として
また夫として力強く彼女を支えた。
貧しい者たちの力になったと言われる。
イレース 3 雷魔道士 放浪の賢者 イレース
行商談と一緒に相変わらずの
旅暮らしを送っている。
今日もどこかでお腹を空かせている。
ブラッド 3 兵士 勇敢なる槍兵 ブラッド
故郷の街の衛視を長年に渡って勤める。
無愛想だが実直な働きぶりは
人々に頼りにされた。
メグ 4 剣重装兵 素朴な村娘 メグ
故郷の村で平凡な結婚をし
家族と一緒に平凡に暮らした。
いつも笑い声の絶えない家庭だった。
オルグ 5 獣牙族/狼 砂塵の黒狼 オルグ
祖国への帰還の日、彼は何故か
狼の姿のままだった。
本人曰く『楽だから』ということらしい。
タウロニオ 6 槍武将 不動の四駿 タウロニオ
デイン王国軍の要として、
また国の政務の柱として、
片時も休まず国を支え続けた。
ツイハーク 6 剣豪 穏静の剣使い ツイハーク
傭兵として各国を旅しながら
ラグズとベオク間の揉め事を仲裁した。
いずれはガリアに落ち着くつもりらしい。
ジル 6 竜騎士 フィザットを継ぐ者 ジル
ミカヤからダルレカ領を任される。
亡き父の理想と想いを胸にして
住民と協力し領地を豊かに発展させた。
フリーダ 7 槍騎士 気高き領主 フリーダ
マラド領領主として、
愛する民たちを終生に渡って
温かく見守り続けた。
トパック 7 炎の賢者 不屈の魔道使い トパック
解放されたラグズ奴隷を貧困から守るため
政府のラグズ顧問として日々駆け回る。
忙しい毎日ながらいつも瞳を輝かせていた。
ムワリム 7 獣牙族/虎 砂漠の水 ムワリム
ラグズ顧問補佐として、
帝国史上初のラグズ高官となる。
元気の良い主を公私において支えた。
ビーゼ 7 鳥翼族/鴉 射干玉の娘 ビーゼ
元ラグズ奴隷たちと国の間を繋ぐ為
小まめに大神殿とラグズ居住区を
行き来し、どちらにもよく馴染んだ。
ニケ 8 狼女王 邪眼の主 ニケ
砂漠のこちら側で起きた様々な
出来事を胸に刻みハタリへと戻る。
いずれ国ごと移住を試みるという。
ラフィエル 8 白鷺王子 地に在る白翼 ラフィエル
弟妹と共にセリノスの森の祭壇で
儀式を行い、父王を目覚めさせる。
しばらく家族と過ごした後ハタリに戻った。

第二部

名前 加入 クラス 内容
エリンシア 女王 清真女王 エリンシア
民への慈愛に満ちた眼差しと
果断な決断力によって国を治め
後世にまでその名を残した。
マーシャ 聖天馬騎士 苦労性の天馬騎士 マーシャ
王宮騎士団の一員として
熱意あふれる働きを見せ、
クリミアの空を東へ西へと飛び回った。
リアーネ 白鷺王女 麗しき歌姫 リアーネ
新王国樹立へ向け
忙しなく飛び回る者たちを労るため
父と共に森に響き渡るよう謡った。
ニアルチ 鳥翼族/鴉 鴉の古老 ニアルチ
鴉の民の名誉回復のために、
老体でありながらよく働いた。
種の最高齢を毎年更新し続けている。
ハール 聖竜騎士 黒疾風 ハール
竜騎士として非凡な実力を持ちながら
彼が軍仕えになることは2度と無かった。
ダルレカで荷運びの仕事を続けている。
チャップ 1 斧武将 最強の農夫 チャップ
家族と共にオマ村に戻り、
農夫として穏やかな生涯を送る。
2度と武器を手にすることは無かった。
ネフェニー 1 槍闘士 最強の村娘 ネフェニー
メリオル城下の街で家族と共に暮らす。
度々王宮に請われて槍を振るい、
兵士の指導を手伝った。
ヘザー 1 盗賊 魅惑の女盗賊 ヘザー
故郷に帰り母と共に暮らす。
盗賊業からは足を洗ったが
手癖の悪さは直らなかった。
ルキノ 2 剣豪 女王の姉妹 ルキノ
女王がいる場所には必ず
彼女の姿があった。
本当の姉妹以上の関係だったと言われる。
レテ 2 獣牙族/猫 ガリアの女戦士 レテ
後にガリアの戦士長となる。
年若い戦士たちに
戦いの術と戦士の誇りを叩き込んだ。
モウディ 2 獣牙族/虎 優しき背 モウディ
森に戻ってからは戦いを退き、
木々に囲まれて
静かで穏やかな日々を送った。
ジョフレ 3 槍騎将 女王の騎士 ジョフレ
王宮騎士団長としてその終生を
祖国クリミアとエリンシア女王に
尽くし、騎士たちの鑑となった。
ケビン 3 斧騎将 剛の騎士 ケビン
祖国への狂おしいほどの愛情と
熱意をもって王家に仕える。日々、変わらぬ
大声が宮廷に響き渡ったと言われる。
ステラ 3 弓騎将 つつましき弓騎士 ステラ
王宮騎士として名を馳せる。
弓引くその姿の美しさは
敵味方問わず人を魅了した。
マカロフ 3 剣騎将 放蕩騎士 マカロフ
帝国より規律の緩い王宮騎士団は
彼にとって居心地が良いらしく、
いまだ奇跡的に退団を免れている。
ウハラダ 3 槍闘士 幸の担い手 ウハラダ
戦いの後、槍を置き
諸国を巡る大道芸人となった。
彼の芸はどんな者にも笑顔を与えた。
カリル 3 炎の賢者 ラルゴの細君 カリル
愛する夫ラルゴと娘エイミと共に
店を切り盛りする毎日に戻る。
その明るい笑顔は多くの人を慰めた。

第三部

名前 加入 クラス 内容
アイク 勇者 蒼炎の勇者 アイク
各国の安定を見届けたあと
まだ見ぬ別天地を目指し旅立つ。
その後、彼の姿を見たものはいない。
ミスト 杖使い 癒しの春風 ミスト
年頃の彼女の元には
多くの青年が求婚に訪れたが
誰に対しても首を縦には振らなかった。
ティアマト 斧騎将 紅の聖騎士 ティアマト
傭兵団副長として変わらず過ごす。
年にいちどはガリアの地を訪れ
亡き人の墓の前に佇んでいる。
セネリオ 風の賢者 静寂の風使い セネリオ
優れた軍略の才を持ちながら
彼は生涯、ただ一人のためにしか
それを用いようとはしなかった。
オスカー 槍騎将 柔の騎士 オスカー
女王の要請により王宮騎士に戻る。
だが傭兵団員としても籍を残し
器用にどちらの任務もこなしている。
ボーレ 勇士 猛き豪腕 ボーレ
『傭兵団一の怪力』の座を若手に
奪われぬよう、日々鍛錬に精を出す。
浮いた噂はまだ聞こえてこない。
ヨファ 狙撃手 若葉の射手 ヨファ
傭兵団の一員として活躍する。
抜群の弓の冴えを誇り
誰もが彼にその教えを乞うた。
シノン 狙撃手 百の手 シノン
古巣でのんびりとした生活を送る。
何をやっても達人の域を極めながら
何1つとしてそれを天職とはしなかった。
ガトリー 槍武将 護る盾 ガトリー
傭兵団の名物男として近隣に知られる。
誰よりも多く“運命の出会い”を得るが
まだ真実の愛には巡りあえない。
キルロイ 司祭 穏やかなる聖人 キルロイ
団員の協力のもと砦の片隅に
小さな教会を作り
幼い子らのための学びの場とした。
ワユ 剣豪 頂へ昇る剣士 ワユ
新たなる強い相手を求め旅立った。
大陸中を修行の地としながらも
時には傭兵団の砦で翼を休めているらしい。
ライ 4 獣牙族/猫 良き友 ライ
新王の補佐として奔走している。
型破りなその政策に苦笑いを浮かべつつ
根気よく王のわがままに付き合った。
キサ 4 獣牙族/虎 秘めたる炎 キサ
ガリアの戦士として任を果たす。
平時にあっても常に訓練を怠らず、
その真面目さは戦士の模範とされた。
リィレ 4 獣牙族/猫 気ままな尻尾 リィレ
森で気ままな暮らしを送る。
大戦を幼い同胞たちに話し聞かせ、
その逸話は後々まで伝えられた。
リュシオン 5 白鷺王子 白の王子 リュシオン
新国家の重鎮として精力的に活動する。
容姿に似合わず頑固で押しの強い
その性格はある意味政に向いていた。
ウルキ 7 鳥翼族/鷹 鷹王の耳 ウルキ
王の左腕として新国家でも活躍する。
静寂をこよなく愛し
休暇中は誰も来ない場所で過ごした。
ヤナフ 7 鳥翼族/鷹 鷹王の目 ヤナフ
王の右腕として新国家でも活躍する。
若き兵の育成に熱心で
休暇であっても必ず鍛錬所に現れた。
シグルーン 11 聖天馬騎士 優美なる天馬騎士 シグルーン
帝国の親衛隊隊長として
常に傍にあり、その心を守った。
優しい人柄は部下からも慕われた。
タニス 11 聖天馬騎士 帝国の白刃 タニス
皇帝の親衛隊副長として
常に傍にあり、その身を守った。
厳しい人柄は部下から畏れられた。

第四部

名前 加入 クラス 内容
スクリミル 獣牙族/獅子 ガリアの王牙 スクリミル
ガリアの新しい獅子王として
張り切って周囲を振り回している。
だがその豪放さが民の人気を集めた。
ネサラ 鴉王 闇に舞う翼 ネサラ
誓約の呪縛を逃れた彼は民を
新国家に託し、自らは外交官となる。
仲間への罪滅ぼしのために尽力した。
サナキ 皇帝 聖帝 サナキ
神なき世界に不安を抱く人々を
強い意志をもって導いた。
他国全てを同盟国とする偉業を果たす。
ティバーン 2 鷹王 天空の覇者 ティバーン
女神消失後、統一された鳥翼三国の
初代王に選ばれる。彼の手腕により
他国からも一目置かれるようになる。
ペレアス 2 闇の賢者 闇精を操る者 ペレアス
デイン王家の血筋でないことを告白し
自ら退位。臣として新王に仕えた。
国民はみな彼に親しく声をかけた。
ソーンバルケ 3 剣聖 獅子の末裔 ソーンバルケ
同じ境遇にあるものを集め、小さな
村落を自治領として統治した。
後に大きな国へと発展する。
オリヴァー 4 聖者 美の探究者 オリヴァー
美の守護者としての本領を発揮し
数多の芸術家たちの後援者となる。
己を題材とした作品を特に愛した。
ユリシーズ 5 大賢者 王国の要 ユリシーズ
女王の信頼あつい重臣であり、
その優れた外交手腕によって
数々の同盟締結の立役者となった。
フォルカ 5 暗殺者 火消し フォルカ
役目を終えた後、
闇の世界へと戻っていった。
最後まで謎の多い人物だった。
カイネギス 獅子王 光焔王 カイネギス
ガリアに戻って間もなく
王の座を退位し王城からも去った。
その武勇は数々の歌に伝えられる。
ジフカ 獣牙族/獅子 獅子王の隻影 ジフカ
若き頃からカイネギスの影として
常に彼と共に在った。
その人生に誇りを持っている。
レニング 黄金騎士 黒騎将 レニング
その帰還にクリミアは沸き立った。
自らは一歩引いた場所に身を置き、
常に女王を立てて国勢を安定させた。
クルトナーガ 竜王子 若き竜王 クルトナーガ
他国との交流を盛んに行い
自らも各国間の争いの調停者として
永く世界を見守り続けた。
イナ 竜鱗族/赤竜 希望を紡ぐ者 イナ
帰国後、亡き許婚の子を出産する。
百数年ぶりの竜鱗の子供の誕生に
国中が喜び心からの祝福を送った。
ゴート 竜鱗族/赤竜 紅炎将軍 ゴート
王の幼い甥御の侍従に任命される。
ラジャイオンと名付けられたその子に
厳しさとそれ以上の優しさを持って接した。
ナーシル 竜鱗族/白竜 悠久の旅人 ナーシル
新しい黒竜王の片腕として諸国を渡り
各国の様子をつぶさに伝えた。
曾孫の成長が一番の楽しみだという。
エルラン 宰相 創始の光 エルラン
ロライゼの強い希望により
セリノスの森の奥深い場所に隠遁する。
朝夕耳にする歌に彼もまた癒された。

縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 暁の女神 > シナリオ:後日談