縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 烈火の剣 > ユニット:評価
縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム 烈火の剣 攻略
《ユニット評価》


管理人アルツがユニット性能や使い勝手の良し悪しを独断で評価!

良い ABCDE 悪い の順で評価してます。

キャラ自体の好き嫌いを除外して純粋に使えるか否かでランク付けしてるつもりですが、所詮は主観です。
一応、全編のハードモードはクリアしてますが、基本的には腕前自体はへっぽこ級の人間が評価する使い勝手と言うことで…。

全てのプレイヤーさんに当てはまるとは微塵も思ってませんので、参考程度にどうぞ。




リン編

エリウッド編・ヘクトル編共通ユニット

ヘクトル編限定ユニット


リン編  

名前 加入 クラス 評価 コメント
リン 1 ロード
LV1
B  リン編主人公。リン編は斧を使う賊だらけなので3すくみで優位に立ちやすい剣使いのリンは非常に使いやすい。

 一方、技・速さが高く確実に敵にダメージを与えられるのは嬉しいが、HPや守備は低く、前線に置きっぱなしにするのは不安が残る。

 専用武器のマーニ・カティは60回しか使えず他では手に入らない貴重品だが、リン編で使いきってもエリウッド編(ヘクトル編で)使用回数が60に戻るので気軽に使っても可。割とガンガン使っても平気。
セイン 1 ソシアル
ナイト
LV1
C  ノーマルモードではケントから剣をもらうので問題ないが、ハードモードでは槍のみ。武器屋で剣を補給するまでは斧装備の敵がメインの序盤はやや苦労する。他のキャラから剣を受け取って戦うのも良い。

 成長率は悪くはないが偏りが大きく、技・守備・魔防が低め。剣・槍の2種類を使えるので、相手によって使い分けて常に3すくみで優位に立って戦いたいところ。一撃の威力があるので、守備の高めのナイト・アーマー系相手でも鉄武器で戦えるのは長所。
ケント 1 ソシアル
ナイト
LV1
C  バランスの良い能力を誇るが、幸運の極端な低さが終始不安要素として付きまとう……とは言っても敵の弱いリン編ではそれほど問題にはならないが。

 セイン同様、剣と槍の2種類の武器を使い分けてうまく立ち回りたい。こちらケントは地の技の値が高めなので、確実に一発叩き込む攻撃役として有能。
フロリーナ 3 ペガサス
ナイト
LV1
B  初期の能力値はかなり低く、体格が小さいクセに重い槍を使うのが困りモノ。自慢の速さの高さを活かせず2回攻撃を確保できない事も多い。序盤の使い勝手は思いのほか悪い。

 ただ、HPと守備以外はグングン伸びるので中盤以降はエース級になる可能性も秘める。一発食らうと危ない性能からして闘技場で闘うのはリスクが大きいので、なるべく通常の戦闘でとどめ役として経験値を稼いでいきたい。
ウィル 3 アーチャー
LV2
C  バランス良い能力を持ち穴が無いのが長所。あえて贅沢を言えばもう少し素早ければ嬉しいのだが、まあ最低限の素早さは備えているので問題ない。
 同じアーチャーであるレベッカよりも体力・攻撃力面で優れる。リン編の内にある程度育ててエリウッド/ヘクトル編に臨めるのも利点。本作の弓使いはいずれも強いのでお好みでどうぞ。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ドルカス 4 戦士
LV3
D  通しで使っていくには厳しい性能かと思うが、敵が弱いリン編のうちならばパワフルな攻撃役としてそこそこ役には立つ。

 HPが高いので敵の攻撃を受け止めるべく前線に出したくなるが、守備も魔防も低い上に攻撃は全て受け止める格好になるので思いの外前線での持久力が低い。

 安定感がないので壁としてはソシアルナイト2名よりも見劣りする。集中攻撃を受けるようなケースは避けたいところ。
セーラ 5 シスター
LV1
C  リン編では唯一の回復役として重宝する。
 エリウッド編(ヘクトル編)でも序盤の回復役として役に立つが、機動力のあるプリシラの方が使い勝手は良い。クラスチェンジすれば光魔法を扱える。

 同じ司祭となるルセアより攻撃力に劣るが、幸運が高い分安心して見ていられる利点はある。
エルク 5 魔道士
LV1
D  リン編では数少ない魔法系ユニットとしてボス戦で役立つのだが、ルセアが強過ぎて3すくみの不利をひっくり返す性能を持つ(≒理魔法の対魔道士でも全然余裕)せいで印象が薄い。理魔法を使うエルクの方が威力が出るかと思いきや、魔力が低いので威力でも超されてしまう。素早さなら辛うじて上回っているが、幸運が低めで『かわす壁』を務めるにも力不足。

 全編通してみると実力は二軍級。育てれば最終的にはパント並の強さにはなるがニノよりはかなり劣る。序盤から登場するので育てやすいというメリットは大きいのだが…。支援相手も魔法系に偏りが大きいのが難。
マシュー 6 盗賊
LV3
C  速さが伸びるので、回避を期待してのおとり役には適するが攻撃面は貧弱。ただし、リン編では敵が弱いので、なるべくマシューも戦闘に参加させ、優先的に敵を倒させ経験を積ませたい。

 エリウッド/ヘクトル編ではクラスチェンジアイテムも手に入るが力や技が低くジャファルほどの戦闘力は期待しにくいので、ラガルトを育てるのを優先した方が良い気も…。
ラス 6 遊牧民
LV3
B  最初からレベルが高く頼りになる。ただし、既にレベルが高いので経験値の入りが悪い。エリウッド編(ヘクトル編)での加入はだいぶ先なので他のキャラを優先して育てた方が良い気がする。

 前作ではアーチャーよりも圧倒的に使い勝手が良かった遊牧民だが、今作では騎馬特効を食らう等デメリットも発生し、アーチャー系と同等程度の性能に落ちた感はある。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ニルス 7 バード
LV1
B  攻撃力は無いが、見方を再行動させる能力は非常に役立つ。速さ・幸運・魔防の伸びは素晴らしく、おとり役としてはNo.1。

 とは言え、レベルが低いうちはかわすのを前提の配置は危ないので、再行動させる仕事に徹するが吉。
ルセア 7 修道士
LV3
C  リン編ではそれほど強敵がいないのだが、幸運と守備が極端に低いのが問題点。攻めると強いが守ると脆い。常に反撃を受けないように戦いたい。

 ただ、魔防は高いので魔法系が相手なら三すくみで不利な理魔法相手でもほぼノーダメージ。光魔法の命中の高さもあり、不利な相手でも五分以上に戦えるし、魔法から味方を守る盾としても使える。
ワレス 9 Aナイト
LV12
D  リン編では勝手にクラスチェンジしてしまうのが痛い。成長率はまあまあだが、アーマーとしてはオズインの方が上。ハードモードではクラスチェンジアイテムの騎士の勲章は取り上げ、LV20まで育てたセインかケントに使うと後がラク。

 ただし、エリウッド編で仲間になるときは孤立した状態なのでアーマーのままでは難易度が上がるという欠点もある。

戻る


エリウッド編・ヘクトル編共通ユニット 

※加入章の数字はエリウッド編のものです。

名前 加入 クラス 評価 コメント
エリウッド 11 ロード
LV1
C  エリウッド編の主人公。素早さに特化したリンや破壊力、守備力のヘクトルと比べると特徴が無いが、すべての能力がムラなく上がる。ただし、どの成長率も“程よく”程度なのが災いしてヘタれると目も当てられなくなることも…。ロードナイトに転職後は移動力が伸び使い勝手も良くなるが、ナイトキラー等の騎馬系特効武器に弱くなるので注意。

 クラスチェンジは終盤なのであまり経験値を回す必要はないが、クラスチェンジ前までにはしっかり上限の20まで上げたい。終盤手に入る専用武器のデュランダルは重過ぎて体格の低いエリウッドが使うには厳しい。ラスボス戦で2回攻撃を受けるようならば、反撃で即死濃厚なので戦闘に参加させないように。ヘクトルやアトス様に任せよう。
マーカス 11 パラディン
LV1
D  前作にも登場した序盤のお助けユニット。今回は20年前ということでマーカスも当然若く、前作よりもかなり頼りになる。武器レベルも剣・槍が最初からA、斧までBあり、最初から大半の武器が使えるのも強み。

 そこそこ成長するので使い続けていっても良いが、最終的にはやはり下級職からの転職組に遅れを取ることが多い。ここぞというとき以外は削り役に徹したい。技や魔防はソシアルナイト系でも優れた部類だがHPや速さの低さが泣き所。
ロウエン 11 ソシアルナイト
LV2
C  エロゲー主人公風の個性的な風貌通り、成長率もかなりクセがある。守備面では優秀で、守備だけでなく魔防もかなり伸びるため、パラディンになる頃には適当に前線に放り込んでも安心して見ていられる程にまでなる。移動力に優れる壁としてなら非常に優秀。

 高い機動力を生かして前線に放り込み適当に敵の体力を削り、後続のユニットが追いついたらトドメを刺す…という使い方が有効。

 力・技・速さは育ちきっても20まで到達しないことが多く、向かってくる敵を薙ぎ払って荒野にするくらいの威力にはならない。手槍・手斧を持たせて削りに徹するべし。
ドルカス 11 戦士
LV3
E  リン編からパラメータを引き継ぐため、育てていた場合は序盤は削り役として役立つ。ポジション的には『マーカスその二』くらいの戦力にはなってくれたりもする。

 しかし、中盤以降は速さと守備・魔防の低さが足を引っ張り非常に扱いにくい。今作ではザコ敵が弱いので支援などをフルに活用すれば終盤まで使えないこともないが、大概の場合、終章のボス戦では2回攻撃を受けまくりでまったく役に立たない。

 速ささえ伸びてくれれば使いようもあったのだが…。
バアトル 11 戦士
LV2
C  斧系ユニットの中ではバランスの良い成長率。ドルカスに不足する速さや魔防が上がりやすいもの嬉しいところ。しかし戦士基礎値より低い速さの初期値3がクセモノで、攻撃をかわす気配がまるでなく、雑魚の剣使い相手でも2回攻撃を受けまくり足を引っ張る。

 成長率はそこそこあるから速さが序盤に上がってくれれば強いのだが、上がらなかった場合は悲惨の一言。全体としてはヘクトルに見劣りするが斧系の中では使い易い部類か。

 ヘクトル編ではカアラを仲間に入れるには倒されない程度に育てておく必要はある。
名前 加入 クラス 評価 コメント
レベッカ 11 アーチャー
LV1
B  アーチャー系の中では最も速さと幸運が高く、命中率や回避率に優れる。ただし最初は弱く、始めのうちは3とか4とか低い数値が並んで辛い。速さも最初はそれほど高くないので再攻撃ができず苦労する。育てる場合はなるべく弱った敵を優先的に回したい。

 ある程度伸びれば適当に前に出して敵をおびき出すのに使えるほど成長するので、育てる苦労に見合う分の見返りはある。社交的な性格が幸いしたか支援相手が豊富でターン数もかからない。選択肢の幅が広いのもポイント。
ヘクトル 12 ロード
LV1
A  始めの頃は命中率が低くやや使いづらい感もあるが、育ってくると技が伸びて命中率が補われる上に、圧倒的な攻撃力と守備力を誇るのであらゆる局面で使えるユニットに成長する。速さも2回攻撃を受けない程度に伸びるしアーマーや魔法系相手ならこちらから2回叩き込める位にはなる。クラスチェンジ後はさらに剣も使えるようになり戦略の幅も広まる。

 ここまで強力なユニットは使わなにゃソンソン!守っては打撃をカンカン弾き、攻めては一撃で敵を粉砕する。まさにFE史上最強級の斧・アーマー。今までシステム(製作者)によって虐げられてきた斧・アーマー系ユニットの鬱憤を晴らせるだけの性能をお持ち(笑)。
オズイン 12 アーマー
ナイト
LV9
A  始めからレベルが高いが、同じようなお目付け役的な立場のワレスやマーカスと違い、しっかりと成長するので将来性はある。守備は全ユニット中最高、魔防もアーマーのくせにかなり伸びるので非常に倒されにくい。移動力の低さは救出をすることである程度カバーできるが体格が非常に大きい(=16ある)ので救出できるユニットが限られるのは悩みのタネ。

 性能としてはヘクトルよりも攻撃力をちょっと落とし、更に守備面を上乗せしたような能力。ヘクトルが強過ぎるだけで、オズイン自身も十分に自軍上位をに名を連ねるだけのポテンシャルは秘める。ヘクトルがもう1人欲しい方はセットで運用をどーぞ!
マシュー 12 盗賊
LV2
C  序盤ではただ1人の盗賊として様々な局面で重宝する。後半でクラスチェンジも可能だが、敵からアイテムは盗めなくなるので注意。

 3人の自軍の盗賊系の中ではHPと速さが高めだが、戦力としては力・技・守備・魔防が低いので、ラガルトやジャファルほどの活躍は期待しにくい。アサシンとして戦闘で使っていくにはプレイヤーの愛が必要なユニットと言えるかもしれない…。
セーラ 12 シスター
LV1
C  プリシラが仲間になるまでは唯一の回復役。使いやすさは機動力のあるプリシラのほうが上だが、クラスチェンジすると光魔法が使えるようになるのがポイント。

 同じ光魔法を使うルセアよりも攻撃力という点では劣るものの、守備や幸運が高い分、必殺被弾に怯えず安心して見ていられるメリットがある。我が強い性格が災いしてか、多くの支援相手となかなか会話が発生しないのが泣き所。攻略評価を下げないよう飛ばして進めるとまず誰とも支援は付かないかと。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ギィ 13 剣士
LV3
C  技と速さに関しては自軍でもトップクラスの値を持つだけに、一言で「弱い」と言うのも勿体ないユニットではある。…が、やはり力・守備・魔防の低さは終始付きまとう。

 速さ・幸運が高いので敵の攻撃を回避する確率も高いのだが、一発食らうと死にかけまで追い込まれるから安心して見ていられるというわけでもない。

 前作に比べてソードマスターの必殺率が15%下がったこと、3すくみの命中率補正が大きくなり槍相手に弱くなったこともイタイ。
マリナス 14 輸送隊
LV1
B  前作とは異なり、マップをクリアするだけでレベルが上がり、マリナスの出撃によって出撃枠が減らないので積極的に使っていきたい。

 始めは殴られると即死級の脆さで移動できないので使いにくいが、クラスチェンジすると馬車になるので移動が可能になる。HPと回避率が非常に高いのでオトリ役としても優秀。HP0になっても死なないと言うメリットも(支援関係はリセットされるペナルティはあるが…)。
エルク 14 魔道士
LV1
D  パントが加わるまではただ1人の魔道士系ユニットだが、能力は素早さを除き全体的に控えめ。魔法を使うユニットにはカナス・ルセア・プリシラ等の優秀なユニットが多いので、速さ以外にこれと言った強みが無いエルクは二軍になってしまいがち。

 支援相手の偏り・少なさもウィークポイント。ラストまで使い続けるのはやや力不足ゆえ、当面の繋ぎ役で使おう。
プリシラ 14 トルバドール
LV3
A  移動力の高い回復役として非常に役に立つ。HPや守備の伸びは最低クラスだが、その他のパラメータはカウンターストップするほど成長することも多く、回避率が高いのでさほど問題にはならない。

 クラスチェンジさせると理魔法も使用可能になり、攻撃・回復・救出と三点揃った強力なユニットになる。

 理の武器レベルをSにするには闘技場に放り込んで鍛えるのが手っ取り早い。
リン 15 ロード
LV1
B  素早い動きで2回攻撃を得意とする。専用武器のマーニ・カティのおかげで、攻撃面では死角が無いが、守りに回ると非常に脆く、1回攻撃を受けただけで瀕死になってしまうこともしばしば。出撃機会が多いので、守備とHPを優先的に補強したい。

 クラスチェンジ後は抜群の回避率のおかげで守備の低さは補える。弓も扱えるようになり、対飛行系ユニット戦でも優位に立てる。
名前 加入 クラス 評価 コメント
セイン 15 ソシアル
ナイト
LV1
C  攻撃力の高さと支援相手の豊富さが魅力だが、技の低さや守備面で脆さが目立ち、戦力的にはやや辛い。爆発的な伸びの力にしてもパラディンの力の上限値が25と低く、中盤以降は高い成長率を活かしきれないのは残念。

 技の低さからくる命中率の低さは複数の武器レベルを上げて持てる武器の多芸さでカバーしたい。また、支援効果で命中率の底上げをしたいところだ。
ケント 15 ソシアル
ナイト
LV1
C  バランスの良い能力は魅力だが、幸運が低すぎるの欠点。リン編ではあまり気にならなかった敵の必殺値も数%以上ある事もチラホラ…。終盤まで使いたいならば支援効果で必殺回避を高めておくのは必須事項。

 セインとは支援関係になりやすいが、ソシアルナイト系を複数出撃させる機会はそう多くはないので、できるなら他のユニット(リンやペガサスナイト系が適任か?)と支援を結んだ方が良い。
フロリーナ 15 ペガサス
ナイト
LV1
B  初期パラメータが低く最初は苦労するが、育て上げれば非常に強力なユニットに化けることが多い。HP・守備が低いため闘技場はどちらかと言うと苦手(斧系や力の高いドラゴンナイト相手でアッサリ倒されやすい)。通常の戦闘で稼ぐと良いだろう。

 体格が低いので、普段は細身の槍(クラスチェンジ後は鉄の剣)を、装備して回避率が下がるのを防ごう。
ウィル 15 アーチャー
LV2
C  前作の男アーチャー(つまりウォルトね)に比べるとパラメータの伸びがよく、最終章までしっかり使える能力はある。同じアーチャーのレベッカと比較すると速さ・運・魔防が低い代わりにHP・力・守備が優れている。手数や回避率ではレベッカに劣るが、一撃の大きさやタフさはやはりこちらの方が上。

 甲乙付け難いのでお好みで選んでOK。
レイヴァン 16 傭兵
LV5
A  HP・力・技・速さが高く頼りになるエース的存在。クラス的にはオールラウンダー的な存在である勇者だが、どちらかと言うと攻めに特化した能力。転職後は使える武器の幅が広がるのも嬉しい。ただし、クラスチェンジ後でも魔法にはてんで弱いため、終盤強力な魔法使いが増えてくるとやや辛い。

 自身の属性が氷なので支援で弱い守備面をカバーしやすいのはメリットと言える。同じコンウォル勢のルセア・プリシラと支援を結び3人セットの団体で動くと強い。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ルセア 16 修道士
LV3
B  魔力・魔防の伸びは今作の魔法系ユニット中最高で、技・速さも並以上。反面、HP・幸運・守備はさっぱりという極端なユニット。攻めると強いが守ると脆い。

 対物理攻撃戦においてはとどめ役やボス戦の間接攻撃に徹し、一切攻撃を受けないくらいの運用で。特に技が高い傭兵や剣士系は天敵で滅法弱く、必殺攻撃を喰らってコロリと死んだりするので注意。

 支援効果やアイテムで是非とも補強したいところ。
カナス 16外 シャーマン
LV8
B  終章でアトスが加わるまでは唯一の闇魔法の使い手。シリーズの闇使いは癖の強い能力のユニットが多かったが、どちらかと言うとバランス型の伸びで魔法系ユニットにしてはHPや守備が高め。上級職になる頃にはある程度前線でも通用するユニットになる。

 闇魔法はリザイアやルナなど、強力な魔法が多くボス戦で役に立つので是非育てておきたい。
ダーツ 18 海賊
LV8
D  力と速さの伸びは非常に優れるが、その他はイマイチ。前作のゴンザレスを更に極端にしたような能力を持つ。

 技・幸運が低い上に使う武器が命中率の低い斧なので、ザコ相手であろうと攻撃の空振りには常に悩まされる。狂戦士の高い必殺率は魅力なのだが…。汎用のクラスチェンジアイテムで上級職になれないのも面倒な点だったりする。
フィオーラ 18 ペガサス
ナイト
LV7
B  物理攻撃系ユニットの中で最高の魔防の高さを誇る。能力的には妹のフロリーナと比較的似た成長を遂げる。こちらはHP・技・守備・魔防が優秀だが力と幸運はちょっと低め。

 体力、体格だとか守備面が優れる分、どちらかと言うとフロリーナよりこちらの方が使いやすいかも。まぁ、今作の三姉妹は育てれば誰でもみんな一軍級の強さがありますな。
ニニアン 20 踊り子
LV1
B  リン編を経由している場合はニルスのパラメータを引き継いで登場。攻撃はできないものの、行動済みユニットを再行動させる能力は常に役立つ上、高い回避率を生かしてのオトリ役としても優秀。ただし、イベントで離脱するので27章までしか使えない。

 主人公のエリウッドとは速攻でAまで支援を付けやすいが、効果を発揮できるのは途中まででニルスには引き継がれない。ニニアン離脱後もエリウッド側の支援値は消えないので誰ともAにできない。くっつける際はその点ご注意。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ラガルト 20 盗賊
LV12
C  マシューに比べて全体的に能力が高い。ただし、力だけは低いので結局のところは鉄や鋼の剣だと大したダメージを稼げず、結局戦力としてはあまり役に立たない。

 戦闘で役立てたいならアサシンに転職してキルソードを持たせ瞬殺を狙うのも手。高い技が有利に働く。盗賊系の中では体格が高めなので鋼系や大剣などの武器でもしっかり使えるのは利点とは言える。
イサドラ 21 パラディン
LV1
D  素早い動きが長所の女性パラディンだが、全体的にパラメータは低めで、育てても終盤では通用しにくい。ちょっと速い以外はマーカスよりも劣る部分が大半だもんなぁ…。

 支援相手は比較的多い方だが、上級職で登場するユニットが多く、やはり癖が強い。正直、実力的には二軍級。よほど思い入れが無いと辛いかもしんない。
ラス 21 遊牧民
LV7
B  前作とは違い、遊牧民も騎馬系特効武器が苦手になった。ただ、それを差し引いてもまだ強さは健在。移動力の高さのほかにも、上級職で直接攻撃も可能になるのが大きな魅力だ。地形の悪さや天候の変化に強いのもメリット。自身は軽く救出値も高いので危ない際に退避させ易く味方を助け易いのも嬉しい。

 気難しい性格が災いしてか支援相手が少なく、リン以外とはなかなか支援会話が発生しにくいのはデメリット。
ヒース 21 ドラゴン
ナイト
LV7
C  飛行形ユニットの中では最高の攻撃力を持つ。ペガサス系よりも力が4高い分、1ランク上の威力を確保できる。当初は素早さが低く再攻撃できないのでやや使いづらい印象を受けるが、レベルが上がれば順調に速さも伸びるので心配ない。

 ただし、魔防が低い上にドラゴンナイト系のくせに守備まで低めなので単騎で前線に出すには不安が残る。今作で強いペガサスナイト系に比べるとあちこちちょっと欠点が多いのは否めないところ。
ホークアイ 22 狂戦士
LV4
D  最初は強さが際立つものの、攻撃に必要なパラメータの成長率が低く、育ててもあまり強くならない。特に速さの低さが辛い。一応、斧系ユニットの中ではダントツで魔防は優れてはいるのだが、支援相手が極端に少ないのもウィークポイント。

 パラメータの合計値だけなら実は下級職登場組(ドルカス・バアトル・ダーツ)に劣らぬ数値はあるが、力とか速さとか戦闘で重要なパラメータが伸びないのが災いしているのか強さに結びついてない感あり。

 狂戦士の上限値の高さは魅力。リセットを繰り返して上限値到達に挑戦するのも一興…だけど、成長率が悪くてストレス溜まるかも…。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ワレス 23 ジェネラル
LV1
D  最初から上級職のユニットのお約束通り、あまり強くはならない。オズインを育てていれば出番は少ないだろう。前線向けのユニットの割にはHPの伸びがそれほど良くないのも欠点の一つ(ジェネラルでHP50を確保できない事も)。

 リン編ハードではアーマーナイトのレベル20まで育てることができるので若干お得。
ガイツ 23 ウォーリア
LV3
C  最初から弓の武器レベルがBもあるため、パワフルな弓使いとしても使えるのは嬉しい。ただ、バアトル、ドルカスに比べ打たれ弱いのが難点か。

 斧系にしては技・速さがそこそこあり、成長率もまずまずで育てればそれなりに使えるが、中途半端さは否めず。まぁ、ドルカスの“致命的な遅さ”、バアトルの“速さがヘタレた時の悲惨さ”なる重大な欠点が無い事自体が、このガイツの良さかもしれませんな。速さ自体は恐らく戦士系で一番高くなるしね。
パント 24 賢者
LV6
B  上級職での登場ながら非常に能力値が高く頼りになる存在。成長率は全体的に低いが最初が高いので問題なし。妻のルイーズとの支援を使えば強さはさらに際立つ(他のユニットと支援Aまで伸ばせないのは欠点だが…)。

 戦闘で使いたい場合は杖より魔法を優先的に使い、理をSまで育てたい。杖Sはあんまり旨味がないけど、魔法Sは威力と必殺率を少ーし補強できますのでね。
ルイーズ 24 スナイパー
LV4
D  最初から武器レベルがAあり、銀の弓が使い放題。成長率は悪くないが初期値が低めで育てきってもアーチャー系の中では育てたウィルやレベッカに見劣りする。

 ただし、始めから夫であるパントとの支援レベルがAなのでそれを活用していけばそれなりに使える。

 パント様を使わない場合は唯一の取り柄の支援レベルの高さを活かせないので、一緒に引っ込めておいた方が良さそうだ…。
カレル 25 ソード
マスター
LV8
D  ハーケンとの二択でどちらかしか仲間にならない。前作では終盤に仲間になり圧倒的な強さを見せたが、今作では守備面の脆さが目立ち、それほど強くない。

 ハーケンが最初から最前線に投入できるくらい強いのに対しこちらカレルは最初はちょっと弱いので、それと比較するとちょっとインパクトが弱いのは否めず。

 弱いというほど酷いユニットではないが、カレルよりも強いユニットはたくさんいるのでやや目立たない。アブない言動は見所ありなのだが(笑)。
名前 加入 クラス 評価 コメント
ハーケン 25 勇者
LV8
C  カレルとの二択だが、剣と斧2種類の武器が使える点、守備の高さ等から、使いやすさではこちらの方がかなり上。カレルは一発もらうと結構厳しいがこちらはかなりタフで、最初から戦いの最前線に放り出しても活躍してくれる頼もしさがありがたい。

 レイヴァンと比べるとHPや速さ等の能力の低さは否めないが、最初から守備・魔防がそこそこ高くて安定感があるのは魅力。なかなか強い部類に入るユニットだろう。剣の使い手が不足している場合は一軍に組み込もう。
ニノ 26 魔道士
LV5
C  FEお約束の遅れてきたエース候補。成長率は抜群で育てればエルクよりもほぼ確実に強くなる。ただし、最初はLVが低く敵を倒しにくいし、そもそも後半過ぎて育てる事自体にえらく苦労する。そして苦労の割には活躍できる期間が短いような…。

 この先にでもじっくり使える闘技場でもあれば良かったのだが…。ボスを丸腰にして魔法の無駄撃ちを繰り返し生かさず殺さずで経験値稼ぎでもしないと、育成機会が足りない。楽に育てられるならここの評価も文句なしで『A』なんスけどねェ…。

 数値類の高さは頼りになるが、実際の所は育成途上の未完成状態のまま運用する羽目になる事が大半だろうか。一軍として使用するつもりならばHPや守備を強化するとさらに隙がなくなる。
ジャファル 26外 アサシン
LV13
C  非常に高い能力を持つもののHPは低く、成長率も控えめ。普通に攻撃するだけだと若干パンチが足りない。
 メインの攻撃役として使うならば特技の『瞬殺』を活かすために常にキルソードなどの必殺率を高める装備を持たせたい。自身が脆いだけに支援効果は守備系の恩恵を得られやすい属性なのはありがたい。攻撃面を強化したい場合は炎属性のニノあたりと支援を組むと良い。

 一応盗賊系のユニットであるから、室内マップでは盗賊の鍵もお忘れなく。『盗む』ことはできないけど、扉や宝の回収はしっかりこなせるぞ!!
ヴァイダ 27 ドラゴン
マスター
LV9
D  うーーむ。ここまで“敵ヅラ”な人間が仲間になるとはなんとも…いやはや…(苦笑)。

 能力は相応に高めだが、魔防と速さはかなり低い。弱くはないのだが、能力がデコボコして弱点が多い分あまり使いやすいとは言えない。食らうと痛い魔法とかちっともかわしてくれませんのでね…。

 力は強いので一発の威力は保証されている。育ったユニットが少ない場合は、当面のお助けユニットとしてどうぞ。
ニルス 30 バード
LV1
B  ニニアンの能力を引き継いで登場。育てていれば、再行動はもちろん、オトリ役としても役立つ。支援はニニアンの物はリセットされてしまうが、数値類は引き継がれるので、大体同じ感覚で使える。
名前 加入 クラス 評価 コメント
レナート 31 司祭
LV16
E  司祭にしてはHPや守備が高いのは嬉しいのだが、魔力が12しかない。エ〜ト…なんかの冗談ですか、ソレ…!?…なので、攻撃にも回復にも大して使い物にならない。ってか、10そこらの魔力じゃ、そもそもダメージが通る敵がいねーじゃねーか!!!(涙)

 屈強な筋肉男バアトルを軽く殴っただけで失神させるほどだから素直に物理攻撃系ユニットとして使えたら嬉しかったところだが…?昔は傭兵だったらしいが、素直に勇者として出てこいっての!!

 イベントを見るのでなければ次の章はアイテムを没収した上で二軍行きで良いだろう。
アトス 大賢者
LV20
B  伝説の大賢者と言うことで能力は非常に高い。武器レベルも反則級。ただし、HPや速さは低めなので調子に乗って前線に置いておくとリーダス兄弟やウハイの二回攻撃であっさり倒されたりするので注意。理・光・闇の魔法を全て使い放題の武器レベルSで専用の理魔法の神将器フォルブレイズも持つのだが、実は魔防貫通のルナあたりを持たせた方が強かったり…!?

 出撃前にはデュランダルとアルマーズを持っているのでロードたちに渡しておこう。さらに回復の杖やスリープorバサークも持たせれば万全。

戻る


ヘクトル編限定ユニット 

名前 加入 クラス 評価 コメント
ファリナ 25 ペガサス
ナイト
LV12
A  全ての能力が非常に高く、非力なイメージがあるペガサスナイトながら育てれば最前線にも立てる能力を持つ。育てきればHPは50超、それ以外は守備も含めて全能力が20を突破する事すらある。技・速さは上限まで届かない事も多いが、全体的な実力は全ユニットの中でも屈指のレベル。武器レベルの高さも魅力。仲間にしたら優先的に経験値を与えたい。

 HPと守備が高めなので一撃で倒されることは少ないが、弓での攻撃は大ダメージゆえ注意が必要だ。
カアラ 31外 ソード
マスター
LV5
E  上級職での登場ながら、能力は控えめ。最初からはとても前線に立てない。かと言ってもう終盤で育てる余裕も既にないのも大きな欠点。

 出てくるマップに闘技場があるんで、ターン制限が無ければ闘技場でたんまり鍛えられるんだがなぁ(実際は5ターンで強制終了なので、実質あってないようなもの)。

 んでもって、育てても力や速さは上限までかなり開きがあってギィほど強くはならない。HPも40前後で伸び悩むので終盤の戦闘には耐えられない可能性大。イベントを見るのでなければ無理して使う必要はなさそう。

戻る


縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 烈火の剣 > ユニット:評価