縮緬遊戯堂 > F-ZERO 攻略 > ファルコン伝説 > コース攻略・シルバーカップ


《コース攻略・シルバーカップ》


1.サイレンス ボクシーリンク

<MAP>

<コメント>
 ・マップを見ると直角多用の独特な形をしているが、実際に走ってみるとそれほど奇抜さは無い。コーナーとコーナーのイン側を結ぶように走れば高速でスムーズに走る事ができるただし、曲がり切れずに壁に正面からぶつかるとガッツリ減速してしまい大幅なタイムロスは避けられない。ガードビームにかするくらいならそれほどのロスにはならないので、曲がり切れない場合は反動で前方に跳ね返される角度でぶつかるようにすると多少マシではある。
 ・加速しながらジャンププレートでジャンプすると大幅なショートカットができる。2箇所目のジャンププレートではまるまる2つ分のコーナーをショートカットできるが、重量級マシンでは届かない場合もあるので、重量が2000kg以上あるような重量級マシンはグランプリでは無理せず普通に走る方が良いかも…。


2.サンドオーシャン キャタピラー

<MAP>

<コメント>
 ・2D平面か3Dポリゴンかの違いがあるせいで実際に走ってみるとだいぶ別物だが、実はF-ZERO GXのサンドオーシャンのリメイク版なコース。
 ・シケインが多数配置され、シケイン部にジャンププレートが設置されている。ジャンププレートを使うことでショートカットが可能な地点もあるが、全周成功させるのはなかなか難しいのでグランプリでは狙わなくて可。基本的にはトラップのようなものなので、グランプリではジャンププレートを避けるように通常の道を走っていれば間違いない。
 ・順方向に流れるスキッドゾーンに乗れば加速が得られる。


3.ミュートシティ エクスパンションパーク

<MAP>

<コメント>
 ・角度が急なコーナーが多いが、ダッシュプレートも多いため走行スピードはかなり高くなる。高速域でのマシン制御の腕が問われるサーキット。コーナーとコーナーの間には直線区間もあるため、立て直しは比較的容易。
 ・コース後半の小さなジャンププレートではスピードに乗っていれば大胆にショートカットが可能だが、ライン取りが少々厳しい。大回りでアウトからインに一気に入り右側へ飛ぶと良い。重いマシンでは飛距離が稼げず旋回速度も遅いため、右へあまり飛ばずに手前で着地するのが安全か。
 ・コース最後のジャンプは右寄りに着地してダートゾーンを避け、ダートの終わり際に左に潜り込んでダッシュプレートを通過しよう。2周目以降ならブーストの使用と組み合わせる事で減速ナシで走り抜ける事もできる。


4.ビッグブルー スリップハイウェイ

<MAP>

<コメント>
 ・一面にスリップゾーンが配置されたコース。コーナー部分に集中しているのがまた嫌らしい。スリップゾーンの上では非常に滑りやすく、また、旋回もしにくくなる。重量級でグリップ性能が悪いマシンは曲がるだけでも苦労する。
 ・…とは言っても実際のところは、それほど急なコーナーは無い。大体のマシンはアクセル連打のブラストターンの使用だけで十分クリアしていけるハズ。曲がり切れずにアウト側に膨らんでしまう場合は、コーナーの入りに気を付けてみると良い。あえてアウト側から入り直線的に抜けるというのも手ではある。
 ・このコースのジャンププレートでは大幅なショートカットは不可能。1箇所目の連続ジャンプでは2度目のジャンプは右寄りに飛び出さないと道が無くなってしまう。ピットエリアに入っている場合は特に注意が必要。


5.ミストフロー フロント&バック

<MAP>

<コメント>
 ・視界が悪い上に急なコーナーが多い。ブロンズカップのミストフローのサーキットと異なりシンプルなオーバルコースではなく、右へ左へと連続で揺さぶられるのが厄介。ある程度コースの作りを把握していないとスムーズに走りにくいが、こればかりは慣れる他ない。
 ・幸いCOMのスピードはそれほどではないので、壁にガンガンぶつかるなどしなければ、トップでゴールするのは難しくない。無理に飛ばすよりも壁にぶつからない安全運転を心掛けたいところ。


縮緬遊戯堂 > F-ZERO 攻略 > ファルコン伝説 > コース攻略・シルバーカップ