縮緬遊戯堂 > F-ZERO 攻略 > ファルコン伝説 > コース攻略・ブロンズカップ


《コース攻略・ブロンズカップ》


1.ミュートシティ トラディショナルパーク

<MAP>

<コメント>
 ・本作最初のコース。道幅は広めでコーナーもそれほど難しい地点は無い。ただし、道幅が広い分、ムダに膨らんでしまうとタイムロスは大きくなる。丁寧にイン側を突いて走りたいところ。
 ・コーナー内側のダート地帯はブーストを使用しながら抜ける事で、減速無しでショートカットできる。ブーストの使用できる2周目以降は積極的に狙っていきたい。
 ・1箇所目のピットエリアを抜けた後のヘアピンコーナーが本コースで一番難しい地点か。抜ける際にアウトに膨らみ過ぎるとダートに突っ込んで大幅に減速してしまう。余程重いマシンでない限りはブラストターンの使用だけで事足りると思うが、曲がり切れない場合はスライドターンで旋回中に多少減速して安全に回ると良い。2周目以降はコーナー前をショートカットしながら走る事で、ヘアピン部分の旋回もラクになるメリットがある。
 ・最終コーナー前のジャンププレートではコーナー内側をショートカットできる。ただし、このコーナーを抜けた直後のアウト側にピットエリアがある。ジャンプで内側に入り過ぎるとピットエリアの通過が難しくなってしまう。2周目以降はショートカットせずにピットエリアでのエネルギー回復を優先させた方が良い。


2.レッドキャニオン ジャンクション

<MAP>

<コメント>
 ・ルート分岐のあるサーキット。分岐は左側の方が距離が短いのでおすすめ。2周目以降はブーストと組み合わせてジャンプを右寄りに飛び出す事でジャンプ後のコーナーも少しショートカットが可能。右ルートはコースアウトの心配が無い点、ダッシュプレートがありブーストと組み合わせる事で高速で走れる等のメリットはある。
 ・合流直後の分岐は左側がピットエリア。右側はダッシュプレートがある。エネルギーの回復を優先してブーストを使用しつつ走ると良い。
 ・最終コーナーはクランクを事前に左寄りに走行した後事前に左スライド移動しつつ右に旋回し車体を右寄り向きにしてから進入すると綺麗に抜けやすい。


3.ミストフロー クリップオーバル

<MAP>

<コメント>
 ・単純なオーバルコースだが視界が悪く、遠くが見渡せない。ある程度コースを覚えておかないと反応が後手に回ってコーナーでアウトに膨らみがち。本コースのコーナーは全て右に曲がるので、それを覚えておくだけでもだいぶラクかも。「直線じゃない所に差し掛かったら右!」である。
 ・COMはそれほど速くないので、ダッシュプレートは乗り逃しても割と何とかなる。ただ、タイムアタックではかなりの差が付いてしまう。ジャンプ前の連続したダッシュプレートはブースト発動中に連続で乗るのを決められるとかなりの速度に上昇し爽快。


4.ミュートシティ トラディショナルパーク

<MAP>

<コメント>
 ・ブロンズシリーズの中ではかなり陰険なレイアウトのコース。特に、最初のジャンププレートは直線の先に着地する地点が無いワナとなっているのが陰険。絶対に乗らないように。直前にダッシュプレートが連続しており、勢いで間違って乗ってしまいやすい。乗ったら直ちに右側に急旋回しよう。
 ・その他、ダッシュプレートが沢山設置されているので、タイムアタックでは逃さずに踏んで加速できるかでかなりタイムに差が出る。
 ・最終コーナー前の分岐は右側の方が短いが、エネルギーが少ない時は回復を優先して左ルートを走ると良い。コーナーが曲がりやすくなるメリットもある。


5.ファイアーフィールド エクスプロージョントラック

<MAP>

<コメント>
 ・シンプルな楕円形のオーバルコースだが、地雷が多数設置されている。地雷はぶつかると破裂して跳ね飛ばされダメージを受ける。反動で加速するのでわざとぶつかって速度を稼ぐ手もあるのだが、連続で密集しているため、1個踏むと連続で踏む羽目になりやすい点は注意が必要。
 ・直線的な形状の割にはCOMは安全運転でそれほど飛ばしてこないため、グランプリではムリして地雷ダッシュを狙う必要は無い。インギリギリを攻めて余分にダメージを受けるよりは、安全重視で道の真中を走ってブーストで加速するのを優先しよう。


縮緬遊戯堂 > F-ZERO 攻略 > ファルコン伝説 > コース攻略・ブロンズカップ